釣り場で今までにやらかした失敗談を書いてくよー

スポンサーリンク

どうもこんにちは、言うほど釣り歴の長くないおきたです。


 
 
 
皆さんは釣り場でやっちまった…と言う経験ってありますか?俺は腐るほどあります。

初心者の頃はよく分からずにやっている事でも、後から思い返すとオッソロシイことをしてたんだな…と思うような、そんな話を自分の経験を通して今回は語っていこうと思います。

このブログを見て下さっている方の中に釣り初心者の方がいらっしゃれば少しでも役に立てたらと思います。

ベテランの方々は「マジかよこいつ」と鼻で笑うかドン引いて下さい笑

失敗その1:魚トングを忘れる

これを最初にやらかしたのはゴンズイを初めて釣った時のこと。

周りのオッチャン達が大声で「それ絶対触るなよ!」とダチョウ倶楽部よろしく忠告してくれました。

ゴンズイのヤバさは知識として知ってはいましたが、実際釣ったのは去年の春が初めてだったり。

この時は手にタオルをぐるぐる巻いて掴みましたが、ホントはそれも危険なのでトングは絶対あった方が良いです。

ゴンズイ以外にもアイゴとかハオコゼとか危険な毒魚はいますし、ウツボみたいなのも噛まれると大怪我するので素手で掴まない方が無難です。

そうでなくとも海水魚はヒレが鋭く素手で掴むと血を見ることもしばしばあります。そう言う意味も含めて、トングは必ず携帯するようにしています。
 
 
 

失敗その2:三脚の2本脚側を海側に向けて置く

これたまにやってる人を見かけますが、マジでヤバいやつです。

2本脚が海側を向いていると、魚が掛かった時にその2点が支点となって竿ごと三脚が海へ向かって倒れることに…

俺の話ではないですが、目を離した隙に置き竿に大物がかかって三脚・竿・バケツが堤防から4m下の海へダイブしていきダッシュで駆けつけるも間に合わず…という悲惨な目に遭ったお兄さんを見かけました。

ちなみに俺は大物を掛けたわけではなく仕掛けを準備している時に風が吹いて海へ落ちました。竿だけはギリギリ捕まえられましたが三脚は手遅れに…orz

なので必ず、三脚は「海 ◁ 陸」の形で置くことにしております。
 
 
 

失敗その3:ロッドのガイドの向きがバラバラになったまま使用

フカセ釣りでメジナを狙っていて、大物がかかってきた時にベキン!と竿が逝きました。

どうもガイドの向きがバラバラで、不正確なテンションが掛かったために大きな負担がかかってしまったようで…。

保証書込みでも修理費は5000円くらいしますしメジナには逃げられるしで散々でしたorz

釣りを始めたての頃はあまり気にかけていなかった俺ですが、糸もスムーズに巻けないし竿は折れやすくなるしで良いことないので今ではスゲー慎重になっております(^_^;)
 
 
 

失敗その4:折りたたみ式の竿を根本(太い方)から伸ばす

失敗というか、不注意というか。

短めの竿ならまだしも、5m超える磯竿なんかでコレをやると相当やりにくいし、場合によっては変なテンションがかかって折れやすくなったりします。

まず畳んだ状態から糸を通し、先端から伸ばしてガイドを固定する方がやりやすいしガイドの向きも揃えやすいです。
 
 
 

失敗その5:バケツの水を目の前に思い切りドバドバ流す

ツイッターのとある釣り人が呟いていたのをみて、自分もハッとした話。

バケツの水を新しく交換するために、古い水を目の前にドバドバと遠慮なく流していたことがありますが、これもう手前にいる魚が全部逃げていくのでNG。

全部は言い過ぎかもですが、サヨリとか表層に集まってくるタイプは散っていってしまうし、サビキ釣りの時も撒き餌で呼んだ魚たちはビビって逃げてしまうので自分だけでなく周りの人も損することに。

なので周りに他の釣り人がいないところで水を流してくるのがマナーかと。それか壁伝いにそーっと流すか。

マジで俺はこの辺無遠慮にしていたので、猛省しております。
 
 
 

失敗6:夜釣りの時に海面をヘッドライトで思い切り照らす

これもツイッターの釣り人の呟きでギクッとした話。

ヘッドライトの光に魚はかなり敏感に反応するそうで、せっかく餌に食いつきそうでも光にビビってUターンしてしまうとか。

マメに光はオンオフ切り替えて、陸の自分の仕掛けだけを照らすようにした方がよさげです。

とりあえず、こんな感じ!

他にも色々とやらかした事例はあるような気がするけど、キリがないのでこの辺にしときます!

なんか積極臭いような内容になってる気がするけど過去の俺に言ってるような感覚でコレ書いてました。気をつけます。猛省してます。

皆様も快適な良き釣りライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました