逆にウツボの釣り方を実体験から考察してみる

釣りスタイル
スポンサーリンク

どうもこんにちは、職場でウツボの人とか言われているおきたです。

以前話した通り、自分で釣りに行くようになってから3番目に釣り上げた魚がウツボでした。マジで何が起こっているのか意味がわからなかったです。

魚を捌くのに不慣れだった俺にとって「サバ→カサゴ→ウツボ」のステップアップは急すぎる。チャパ王→桃白白→ダーブラくらいの上がり幅だと思う

今回はあえてウツボを釣ってみたいというもの好きな人のために、実体験からウツボの釣り方を考えてみようかと思います。

昨年5月、穴釣りでウツボを釣る

最初に釣り上げたのは昨年の5月。この時はポカポカ陽気の中のんびりカサゴでも釣りたいなと思い、スルメを餌にしてブラクリに刺し、テトラと堤防の間に落とし込みました。

んでちょっとトイレに行って帰って来るとメッチャ引いてました。

 

コレを上げる時、経験の少ない俺でもなんかカサゴっぽくない引きだなとは感づく程度には特徴のある引き方。うまく説明出来ないけど。

そんで御察しの通りウツボが釣れておりました。

まだかわいい。

この子を釣り上げた時、穴釣りを楽しんでいた上裸の大学生集団がどこからともなく駆けつけて来て、謎にヒーロー扱いされたり、周りのオッチャンに冷やかされたりしました。

このウツボは上裸軍団に渡すことに。黄金伝説でウツボを食べているのを見て機会さえあれば真似したかったとのことで。

そんで同じように仕掛けを落として竿を置き、家族LINEで「なんかやべえの釣れた!」と報告している間に2匹目が来ました。

※この掴み方は危険

日に2匹もウツボを釣るというのは釣り素人にしてはなかなか衝撃的な体験です。

1匹目は上裸軍団…いや大学生達に差し上げたので、こっちは持ち帰ることにしました。

こわすぎる

この時は目打ち出来るようなものもなければ100均の包丁しかなかったのもあり捌くのは死ぬほど苦労したのですが、どうにかこうにか唐揚げと蒲焼きにすることに成功しました。

〆ようが血抜きしようが頭を落とそうが暴れまくるタフさ、骨の異常な頑強さ、魚とは思えないほど厚く丈夫な皮、全てにおいて高難度でした。あの大学生達も友達とギャーギャー騒ぎながら頑張って捌いたんだろうなぁ。

釣り上げた時のタックルについて

さて、ここからが本題です。ウツボ釣りのタックルについてです。

というかタックルも何も、3000円くらいの穴釣りロッドと980円の安物リール、巻きグセ付きまくりのミチイトにダイレクトにブラクリを結ぶというシンプルな仕掛け。

こんなのでよくあんなサイズ釣れたなと思うし、実際もっとでかいやつがかかって来たらと思うと恐ろしい。

またブラクリですが、1匹目のやつは釣り上げた瞬間にブラクリのぶっとい糸を噛み切るという離れ業をやってのけました。

なので、ミチイトは1号くらいのPEラインで、中通し重りを通し、先端にスナップサルカンを結び、タチウオ用のカン付き針をスナップに付ければ強度の面では大丈夫なはず。

リールはそんな高級なもの使わなくても良いと思うけど、ヒラメやシーバスに耐えられるくらいのものはあった方が良いかと思われ。

餌について

ウツボはタコが大好物なので、茹でる前のタコがあれば試してみたいですが、経験上一番釣れるのは生のスルメでした。

上記の日以外にも何度かその釣り場にはいったのですがサンマならアナゴが、スルメならウツボがよくヒットしました。

あとスルメはエサ取りに非常に強いので他の魚に邪魔されにくいメリットがあります。

時間帯について

初めて釣ったのは昼間のことですが、本来夜に活発に動くとのことで。

実際俺も夜釣りで嫌という程ウツボを釣りました。

ただ、アナゴほど徹底した夜行性という感じでもなさそう。夜のが好きだけど昼でも餌を見つければ食いついて来ます。

あと曇りの日の方が元気が良いそうです。
旬は冬で、割と一年中釣れる印象はありますが、春ー秋が活動的な印象があります。

 

釣り方

上記の仕掛けを穴に落とし込んで、着底させたら少し糸を巻いてギリギリ糸が張る程度にしたら、竿を置いてひたすら待つ。以上!

タコが釣れる磯なら大体どこにでもいるとかなんとか。

食べ方

まだ唐揚げと蒲焼きしか試したことはないのでなんとも言えませんが、皮のプルプルした食感は非常に美味しく煮こごりなんかも試してみたいと思います。

あとみりん干しとかも美味いらしいです。

ただ小骨がえげつないので骨切りはした方が良いかもです。

注意点

当たり前ですが歯がものすごく鋭く、噛まれたら大怪我を負います

ヌルヌル滑るのでトングかタオルを巻いた手で頭の部分を抑え、ペンチで針を外しましょう。マジで素手は危ない。

持ち帰るなら先に締めてしまうのが良いです。

あと地に毒があるそうなので生食はやめた方が良いそうです。

…こんなところでしょうか。

初めて釣った時はもうパニックでしたが、身近で案外簡単に釣れる怪魚、それがウツボ。

美味しいのは間違いないので、機会があれば皆さんもウツボ料理とスリルを是非楽しんでみてください笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました