嫌われ者のゴンズイを食べた感想を語ってみるよ!

色々試してみた
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ゴンズイも釣果としてカウントするおきたです。


 
 
 

今回はタイトルの通りゴンズイを釣って食った話です。需要あんのかな
 
 
 
去年俺は静岡で釣りをしており、イヤと言うほどゴンズイを釣りまくっていました。

穴釣りやブッコミだと大体かかってきますんで危なくて仕方がないなと思いながらトングで掴んでリースしていたのですが、ある日職場の同期から

一度騙されたと思って食ってみ?美味いから!

と強く押されて半信半疑で試してみることに。

ちょっと見た目も可愛いとは言い難いですし抵抗があったのですが、試してみる価値はあるかな、と数匹持ち帰ってみました。

ゴンズイの釣り方

釣り方もヘッタクレもない気がしますが、夜釣りでブラクリ使って穴を狙っていれば大体釣れます。

穴でなくても、堤防の壁際にも結構居ついているようです。

オキアミ、イソメ、サバ皮となんでも連中は食うので、ブラクリにそれらを付けて着底させ、ギリギリ糸が張る状態にして竿を置きます。

カサゴほど反射的に食いついてくる感じはないので、アナゴと似た釣り方になりますね。

背ビレに1本、胸ビレに2本と、ちょうど掴みやすいところに毒針があるので、シメた後迅速に針を切り落とします。
 
 
 
無駄にダブル

ブラクリでなくてもカサゴ用胴付き仕掛けでも、ブッコミ釣りでも釣れます。
 
 
 

実食!!!!

毒針さえ取り除いてしまえば後はフツーに調理してしまえばOKです。

とは言え皮膚はヌメヌメしており捌きづらいので、を塗り込んである程度ヌメリを落としてから頭を落とし、背開きにします。

で、まな板に置いて斜めに傾けてお湯をサッとかけヌメリを落とし切ります(これをやらないと磯臭さが取れない)。

皮引きして刺身にするなら勿論やらなくてもOKです!

刺身・塩焼き・蒲焼き
 
 
 
初めて試した時は刺身・塩焼き・蒲焼きにしました。

刺身は正直柔らかすぎてあまり美味しいとは思えませんでしたが、蒲焼きは皮が香ばしくアナゴのようでなかなかイケました(゚∀゚)

塩焼きもなかなかですが身が少なくてもうちょっと欲しい感じでした笑

写真はありませんが、唐揚げ、鍋、煮付けもフワッとした食感がうまくマッチしていて、噂通り美味しくいただけました。

カボチャと一緒に味噌汁にすると非常に美味しいそうですが、まだ試したことはないので、今度釣ったらやってみようと思っております。

しかし不思議と関西で釣ったことないんですよね。

静岡にいた時は腐るほど釣れたというのに笑

どこでも釣れるものかと思っていましたが、案外生息地に偏りがあるかもしれませんね。

そんでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました