初心者向けな魚を独断と偏見でチョイスしてみたよ!

初心者の方へ
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ボウズは慣れっ子おきたです。

会社の後輩から、ある時こんなことを聞かれました。

「無趣味なもんで、おきたさんみたいに釣りを始めてみたいんですが、はじめての釣りでボウズを食らうのが怖いんですよね…」

これね、ホント分かるんですよね。というか、初心者を連れて行ってボウズを食らうのは釣り上級者でも恐れていること。

最初の釣行でボウズを食らってそのまま釣りを嫌いになられてしまっては悲しいですし、是非とも初心者の方には好スタートを切ってほしい。

でも、やっぱり無策で釣りに行ってもボウズを食らう可能性の方が高くなって来ますし、やっぱり魚ごとにそれぞれ違った戦略を立てていく必要があります。

とは言えいくら釣り方を知っていてもいきなりヒラマサとかアコウとか狙うのはハードルが高いと思うんで、最低限のポイントさえ押さえていれば難しいこと考えなくても割と釣れる魚を独断と偏見でチョイスしてみました!

釣りの初心者の方が見て下さっていたら、少しでも参考になればと思います!

マハゼ

その辺の川で普通に釣れる高級魚。天ぷらにすると非常に美味しい小魚です。

市販の仕掛けにアオイソメを付けて軽く投げ込んで待つだけなので、子供から大人まで手軽に狙えます。

竿は割と何でも良いですが、2〜3mくらいのサビキ竿が使いやすいかと思います。

汽水域を好み、海と接した川や河口であればだいたいどこにでもいるのですが、狙うとするなら秋がベスト。

12月ごろは釣りづらいですが大きな個体が多い印象。2〜4月は釣れなくもないですが狙うにはかなり厳しいです。

外道(狙いと違う魚)でセイゴ、チダイ等が釣れます。

 

アジ、サバ、イワシ

釣りの初心者はまずはサビキで回遊魚!というくらいには初心者向けのターゲット。

サビキカゴにアミエビを詰めて堤防から真下に落とし込み、着底させたら竿を上下に動かします。

海中で散らばったアミエビにサバやアジが集まって来て、キラキラしたサビキ針に食いついてくるという物。

回遊して来ていればまず釣れますが、事前に釣具屋やネットで確認したり現地を見に行って釣り人がいるかどうかを下調べする必要はあります。

竿は市販のサビキ竿を使えばOKですが、短すぎると壁から離れた箇所を狙えないので3〜4mくらいの磯竿が適しています。

安くてコンパクトなので俺はサビキ釣りをするときはこちらの竿を重宝しています。

なおサバは非常に足が速いので釣り上げたら即座に首をヘシ折る「サバ折り」をして血抜きをする必要があります。

はじめは抵抗あるかも…

カサゴ

その辺のテトラポッドで普通に釣れる高級魚

ブラクリという、オモリの真下に針が付いている仕掛けにイソメ、オキアミ、サバの切り身、サンマの切り身などの餌を付けてテトラの隙間に落とし込み、着底させて10秒ほど上下させます。

何のアタリもなければ、別の穴に移動して同様に落とし込んで竿を上下させ、アタリがあれば一気にリールを巻いて引き上げます。

カサゴは引きが良く、アタリのある穴を探し回る釣り方は宝探しのようでとても楽しいですが、余裕ぶっこいていると根に潜られます。

岩場に潜られ、エラを張られると引っ張りあげるのは困難なので、なかなかのスピード勝負になります。

サバやサンマの切り身を餌にすると、その穴に居なくてもニオイに誘われてふらふらとやって来ることはよくあるので、置き竿にして待つのもアリですが、やはり根に潜られるのが怖いので油断は禁物。

竿は長すぎるとやりにくいので1.3mくらいのものが使いやすいと思います。

 

なお、カサゴ等の根魚は成長が遅く、子供サイズのものを持ち帰りすぎるとそのポイントのカサゴがいなくなってしまう「釣り尽くし」が起こりやすい魚です。

俺はだいたい20cm未満の個体はリリースするようにしています。

また、大きくても子持ちでお腹がパンパンになっているものもリリース対象としています。15cmくらいでも子持ちの個体はいるみたいですね。

カサゴはとても良い出汁が出るので煮付けや味噌汁にすると絶品です!

サヨリ

難しそうに見えて案外釣りやすいサヨリさん。市販の遠投コマセカゴにアミエビを詰めて投げて待てばOKです。

 

ただサヨリも回遊魚なのでいない時はいないので注意。

外道でアジやサバ等がかかって来ますが、逆にサビキ釣りでサヨリが釣れたことは俺の経験上はないです。

メジナを狙うフカセ釣りでかかって来ることも多いです。

観察しているとサヨリさんは上下の動きがあまり得意ではなさそうな印象。またサバやアジほど堤防に寄ってこないので、やはり遠投コマセカゴを使う必要はあります。竿はサビキ用の奴でOKです。

個人的に鬼のように美味いサヨリのシソ巻き天

 

アナゴ

詳細はこちらの記事に書きましたが、アナゴも割と初心者の方でも釣りやすい魚かと思います。

個人的には底が砂地の堤防ならだいたいどこにでもいる印象。

ただパワーがあるので仕掛けにぐるぐる絡まってグチャグチャにされたり、最悪そのまま糸を切られてしまうこともあるのであまりのんびりは出来ません。

捌くのは大変ですが、塩焼き・天ぷら・蒲焼き・煮付けと、大体どう調理しても絶品な上にほぼ1年中狙えるので好きなターゲットの一つです。

夜じゃないと釣れないけどね!

とりあえずこんな感じ!

他にも誰でも釣れそうな魚はいると思いますが、このあたりを狙えばボウズの可能性も低くなるんじゃないでしょうか!

釣れない時は釣れないですが、俺が初心者を連れて行くとすればこのあたりを狙う釣りをします。

皆さんも良き釣りライフを!(^o^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました