寒さに耐えながら夜の堤防にサビキカゴを放り込んできた

色々試してみた
スポンサーリンク

どうもこんにちは、アナゴ中毒者のおきたです。


 
 
 
1月の釣りとなると、多くの魚が沖へ行ってしまって、魚がとても釣りにくい時期となって来ます。

なんとか魚たちの活性を上げて、せめて俺だけでも釣れる方法はないものか。そう考えた挙句、前々から試してみようと思っていたアナゴ仕掛けを試してみました。
 
 
 

作り方としては、まずミチイト(画像の緑の糸)にサルカンを一つ通し、さらにもう一つのサルカンをミチイトの先端で結びます。

で、ハリスとして6号のラインを使いセイゴ針を結び、片端にスナップを結びます。

ミチイトの先端の方のサルカンにハリスのスナップを、ミチイトに通した方のサルカンにサビキカゴのスナップを付けます。以上!

ハリスの方には念のため絡み防止の管を通しておくと良いかもです。

また、直にサビキカゴをミチイトに通さずわざわざ間にサルカンを通したのも絡み防止のため。サルカンがクルクルといい感じに回ってくれるので絡まりにくくなっております。
 
 
 
コレをどうやって使うかというと、サビキカゴに

サンマのミンチを入れておき、先の針にもサンマの切り身を刺してブッコむというシンプルで直球な使い方。サンマミンチのニオイで魚をおびき寄せるという作戦です。

サビキカゴは中通しオモリの役割も果たしており、間に噛ませたサルカンのおかげでミチイト上をスルスルと自由にスライド出来るので、アタリも取りやすくなっております。

コレを思いついた時は自分で天才かと思いましたが、すでにカゴ釣りという釣り方が確立されておりました。

コレはもう釣れる気しかしないぜ!早速堤防で試して来ました!!

負ける気がしない


はい、激シブでした。フラグ回収

そもそも魚がいないんじゃないか…?そう思うくらい、マジで何のアタリもない。

良いアイデアだと思ったんだけどなぁ。時期がやっぱ悪いのかな??

心配していた根掛かりも特にはなかったし、魚さえいれば多分完璧な作戦のはず…。
 
 
 
というか、むしろ遠投なんかせずに手前の壁際に落とし込んだ方が釣れるんじゃないかな?

そう思って根掛かりに気を付けながら真下にゆっくり落とし込んでいったところ、イキナリドカンと来ました
 
 
 
 
 
 
ガッシー

冬でも釣れる安心と信頼のカサゴ先輩。約17cmくらいでしょうか。

この時期のカサゴは絶品で、味噌汁や煮付けにすると最高…なのですが。

お腹をよく見るとパンパンになっています。今の時期は産卵期だからね…。

カサゴは成長が遅く、卵を産めるサイズになるまで3年くらいかかるとか。

なので、皆が子カサゴをお持ち帰りしすぎるといわゆる「釣り尽くし」の起こりやすい魚で、抱卵した個体や15cm未満の魚はリリース推奨です。

俺は言い方は悪いですがカサゴは頭がでかくて可食部も少ないというのもあって20cm以下、もしくは抱卵個体はリリースというマイルールを設けております。

だってカサゴ好きだもん。その場からカサゴが居なくなるなんて耐えられないのだ!

意外とこの話を知らない人は多く、小アジや小サバ感覚で持ち帰ってしまう人も多いのですが、もしこの記事を見ていただいている方でヤベッ!知らなかった!という方がいらっしゃいましたら、今後ご協力いただければと思います。

と、エラッソーなこと言いましたが俺ももちろんはじめは知りませんでした。とある穴釣り好きなYouTuberの方の動画を見て初めて知りました。
紀州デンジャラスさんという未成年の釣りチューバーの方々なのですが、ああいう情報を発信してくれる人は本当にありがたいなって思っております。
 
 
 
…すみません話がズレました。もちろんこのカサゴ姐さんは即リリース。元気に泳いで帰っていきました。

これ以降は2回ほどアナゴらしきアタリがありましたが餌を取られただけで終わりましたorz

この仕掛けはアタリは取れるのですが、重たい分アワセが難しいという弱点がありますね…。

ただ長所としてはサシエを小さめに切って付けても魚が寄ってくるという点。出来る限り小さく切ればエサも取られにくくなりそうです。

この日はあろうことかハサミを忘れたので小さなエサを用意出来なかったのが敗因かな。あと単に寒すぎて魚がいなかった、と…。

定期的にこの仕掛けは試してみて、釣果をぽつぽつと報告していこうと思います!
 
 
 
ではではっ!

PS. エサのサンマのニオイは猫も呼びます。可愛い…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました