メジナを初めて釣った時の話

釣りスタイル
スポンサーリンク

どうもこんにちは、グレが恋しいおきたです。

昨年度の春、一年ほど静岡に住んでいたのですが、その時釣り場で仲良くなったオッチャンからメジナのウキフカセ釣りを教えてもらいました。

 

 

釣り歴2年ちょいしかないのにそんな玄人じみた釣りをしているのはこのオッチャンの影響だったり。

 

そのオッチャンと会う前から、その磯でメジナがよく釣れるという話は釣具屋さんから聞いていたので自己流で狙っているところに声を掛けられたのがキッカケでした。

 

今回はメジナを初めて釣った時の体験談を踏まえて、俺がフカセ釣りを覚えていった過程をちょっと語っていこうかと思います。


俺の田舎ではメジナが釣れるようなポイントが殆どなく、釣り好きな人たちは周りにいましたがメジナなんて単語が出てきた事はありませんでした。

 

 

静岡の釣具屋で「今はメジナがアツイよ!」と言われ、フカセ釣りとはなんぞやとググり、なんとなく分かったような…でも新しい釣具とか買って金かけるのもな…と思い自己流タックルで狙うことに。

 

 

自己流タックルと言っても当時俺が持ち合わせていた物だけで作ったナメたタックルで、穴釣り用の1.5mくらいしかないロッドに玉ウキチヌ針というバラバラなもの。

 

 

穴釣りロッドでフカセ釣りってのは、ミュウツー捕まえたいのに手持ちがカイリキーしかいないみたいな状態です。無理とは言わないけど、だいぶ厳しい。ってか無理か。

 

 

柄杓なんてのもなかったのでコマセも素手で投げていました。素手て。ゴリラかよ。

そんな珍行動を続けていると、見かねたオッチャンからツッコミが。そりゃ幾ら何でも無理だろと。一応気合いでフグは釣れましたが、そりゃもうどうにもなりません。

 

そのオッチャンから教えてもらったタックルはコレ。

こうしてみるとだいぶシンプルな仕掛けですね。

 

 

ボラの釣り方の時と同じ…というかコッチがメインです。

 

 

磯竿は1.25号でハリスはフロロカーボン1.75号、ミチイトも同等の号数で針にはグレ針6号。ウキは斜めウキで、グレが食ってきてもあまり抵抗なくスルスルと糸が出て行くもので、浮力は0号。

竿としては宇崎日清のイングラム ブラックエディションが軽くて良くしなり、使いやすくてオススメ。

 

 

 

この仕掛けにオキアミを刺して投げ込み、ウキめがけてコマセ(オキアミ+海水+グレパワーV9)を撒きます。

 

 

糸はある程度弛ませておいて、竿は斜め下に下げて待ちます。糸を張っているとサシエのオキアミが表層へ浮いてしまい、コマセの流れと違う動きをしてしまうから。

で、アタリはフカセからまん棒が沈むのを見てすぐに竿を持ち上げてアワセます。

 

 

糸を弛ませてサシエのオキアミを自然な流れに任せ、そこへコマセを撒けばサシエとコマセが同じ動きをするので魚が食いつき、アタリを確認してアワセ。コレは短い竿じゃできない芸当で、オッチャンに突っ込まれるのも当然である。

 

 

糸を弛ませて持ち上げてアワセるなんて、穴釣りロッドじゃ2m分以上弛ませたらアワセが出来ないし、弛ませなかったら糸が張ってコマセの流れとサシエの流れがバラバラになってしまう。

 

 

磯竿が5m以上もあるのはこのためだし、今となってはアホなことをしていたと分かるんだけど当時はアレでも真剣にやってました。よく読まなきゃダメですねホント笑

 

 

そんでオッチャンに教えてもらいながら釣れたのがコレ。

小さいけど文句は言えまい。逃したか持ち帰ったか忘れたけど。

 

 

 

でも、メジナが湧き始めると面白いように当たるので、だんだんこうして少しずつ沼へハマっていくことに…。

グレ飯(炊く前)。捌き方が適当だったせいもあり若干磯臭さは残ったもののなかなか美味しかったですね。

そんな感じ!

ではではー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました