アナゴを釣っていることを他人に言うと結構驚かれる件

持論的な
スポンサーリンク

どうもこんにちは、夜釣り好きなおきたです。

 

 

 

俺はこのブログでわりと頻繁にアナゴ釣りについて語っておりますが、なんというか世間ではあまりアナゴ釣りがメジャーではない印象を受けます。

 

アナゴは食用としては非常に重要なポジションにいますし、存在そのものは決してマイナーではないはず。でも釣るとなると話が変わってくる模様。

 

 

今回はそんなアナゴ釣りが、なんでそんなマイナーな扱いを受けているのか思ったことを述べて行こうかと思います笑

事の発端

俺はよく夜釣りに行くんですが、今までアナゴ狙いの釣り人を見かけたのが殆どいなかったというそれだけの理由です笑

みんなシーバスとかタチウオとかアジとかばかり。伊勢海老狙ってる人もたまにいたけど。逃がせよ!

決して釣るのは難しくないのに、なんでそんなにアナゴがマイナー扱いされているのか、考えてみました。

 

 

 

・捌くのが大変だから?

細長い魚というのはやはり捌くのにコツが必要です。ヌルヌルして滑るし、割と調理するとなるとハードルが高いかもしれません。

 

うちのオカンも細長い魚は蛇を連想するからと敬遠しておりました。

 

ちなみにアナゴは噛み付いてきます。ウツボみたいな怪我を負うことはないけど、まあちょっとビックリするよね笑

 

 

 

かわいい

・待ちの釣りになって退屈だから?

アナゴはハッキリ言って待ちの釣りです。

以前書いた通り餌を着底させて食ってくるまで待つというスタイルなので、じっと待つのが苦手な人には退屈かもしれません。

待ちの釣りもなかなかオツなものだけどね!

・外道で釣れる魚がヤバイのばかりだから?

今までアナゴ狙いで掛かってきた連中はウツボ、ゴンズイ、伊勢海老と、危ないものばかりでした(伊勢海老は持ち帰ったら犯罪だよ!俺は目の前で外れて落ちていきました)

噂ではアカエイも掛かりがちなのだとか。夜の堤防で毒魚祭りとは割とシャレになってない。

アナゴ釣りは危険と隣り合わせなのだ。

あと必然的に夜釣りになるから物理的にも危険。柵のない堤防はお勧めしませぬ。

 

 

 

・美味しくないから?

それはない(直球)

 

 

 

・そもそも釣りの対象魚として認識されていない?

まあなんだかんだ言ってコレでしょうね笑食用としてはメジャーだけどその辺の堤防でふつうに釣れるというのを知らない人が案外多い。

釣り場で出会ったベテラン風なアジンガーも、職場のフカセ釣り一筋ン十年のオッチャンも、アナゴを狙っていると「そんなん釣れるの!?」と驚いていました。

冷静に考えると夜の海でサンマの切り身を放り込む釣り方って普通の釣り人ならやらない手段なのかもしれん。だからアナゴの存在に気が付かない、と。

フカセ釣りやアジングで釣れるような魚じゃないしね。

かく言う俺も穴釣りをしていた時に偶然掛かってきたのが最初の出会いでしたし、そりゃ釣れなきゃ分かんないですよね。当初はウナギだと思ってたけど

結論:アナゴ釣りたい

んあー!!!!!(残業続きで声にならない声)

アナゴ釣りたいんじゃチクショー!!!!

今の時期はどんな魚も釣りにくい釣り人には辛い時期ですが、だからこそやりがいがあるのである!!!

明日あたり狙おうかな。色々試したい仕掛けもあるしね(゚∀゚)

 

 

 

あーーーもうデカイの釣りたい!!!

ではではっ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました