【私事】転職先を見つけた経緯を書き残してみる

仕事・転職
スポンサーリンク

どうもこんにちは、1秒でも早く現職から離脱したいおきたです。

 

 

繁忙期にもかかわらず振替休日制度などを利用して誰にもバレることなく転職先を見つけられ、ホッと一息。今のところ課長とごく一部の上司、同僚しか転職のことは知らない…ハズ。

 

その転職先なんですが、どうやって見つけたのかとか、これだと思った決め手のようなものを今後の為にもなりそうなので書き残していこうかと思います。

 

 

今後の為ってのは、転職先が万が一ブラックだった時は「こういう会社は回避しよう!」と、逆にウルトラホワイトだった時は「こんな会社は期待できる!」と他人にアドバイス出来そう、という感じです。

 

そう、次の職場がブラックかホワイトかまだ分からないのだ。弊社はだいぶ黒寄りのグレー、ってか普通にブラックだと思う。もうすぐ御社になるけど

見つけたのはGoogle検索から

 

俺は現職では1ミリも使っていないけれども学生時代に研究していた分野の資格を持っており「○○(資格名) + 大阪 + 転職」というワードでググって出て来た社名を見ていきました。

 

 

↓こんな感じです。なお俺は電工二種の資格は持っていません。

 

 

 

 

そのまま下にスクロールすると、こんな風に色んな転職サイトが提供している求人が出てきます。

 

 

 

 

そんで気になった会社をもう一度ググって口コミを見ます。「社名 + カイシャの評判」とか「社名 + 転職会議」とか。これで社員の声を読んで、評判良さそうなら応募といった感じです。

 

 

転職エージェントに登録はしていて、色んな仕事を紹介されはしたんですが、なんかイマイチしっくりこないし、自分で見つけたろ!というノリです笑

 

 

この中からカイシャの評判80点オーバーというかなりのハイスコアな会社を選んで応募することに。ちなみに弊社は60点

 

 

応募の時は会社のHPから「面接受けたいんだけど〜」ってメールを送りました。

 

「○○社に勤めていること」「年齢、性別、保有資格」を簡単に記載して面接を受けたいという旨を伝えたところ、「OK!じゃPDFで良いから履歴書送ってね!」と来たので他社の使い回しの履歴書をそのまま送りました。

 

 

ちなみに転職活動中の履歴書は一度も手書きで書いたことないです笑

 

 

ブラック企業徹底排除で有名なUZUZさんのサイトで貰えるテンプレートを流用しております。



 

面接の様子

 

当日会社へそのまま赴き、2人の面接官と和やかな雰囲気で面接へ。2人ともすごく明るい人でした。

 

 

面1「弊社へ応募して下さった理由をお聞きしてもよろしいですか?」

 

 

俺「はい、学生時代に専攻していた分野に少しでも関わっている仕事がしたいと思い、グーグルで検索して御社を見つけました!○○という業務内容はなんたらかんたら〜でとても魅力に感じ、応募いたしました!」

 

 

面2「なるほどなるほど…!しかしおきたさん、良い資格持ってますね!正直思いっきりウチに向いてますね。私としてはこの資格持っている人は喉から手が出るほど欲しいですよ!」

 

 

面1「うん、ほんとウチ選んでくれたら有難いよね。」

 

 

 

え、なにそれもう採用?

 

面接の段階でここまで持ち上げられたことないぞ?なんだこれ?サーバルちゃん並みに褒めてくれるんだけど?

 

曰く、つい最近社員の1人が独立してしまい穴が空いていたそうな。

 

新しく人を入れなきゃいけないから参ったなーと悩んでいるところにナイスタイミングで俺から応募が来た、と。

 

しかもソイツは社内でかなり重宝される資格を持っているし、渡りに船とはこのことだ、と。

 

今の職場ではこの資格1秒も使ったことないのにな。適材適所ってやつですな。ってかこれだけ持ち上げといて不採用ってなったら泣くぞ。

 

 

後は俺の強みと弱みを聞かれたくらいで面接は終了。その後会社内の設備やオフィスを紹介して貰いました。

 

 

 

これだ!と思った決め手

・転職組ばかりなのに離職率が低い

 

まず社員のほぼ全員が転職組なのに離職率がクソ低いというところ。

 

転職って、思っているほど大博打でもなく、案外気軽にやろうと思えば出来ちゃうものなんです。

 

ヒップホップで食っていくとか、借金して船釣り屋始めますとか、そういう話ではなく単に働く場所が変わるだけなので。

 

特に一度でも転職経験のある人だと気に入らなければ他行けば良いやって感じでコロッとどこかへ行っちゃいそうなものなのに、それでも離職率が低いってのはかなり期待出来そう。

 

 

割と技術系の会社で、色んなスキルを身につけられて独立も可能で同業他社への転職も楽に出来そうなのに離職率が低いのは、それだけ居心地の良い会社なんじゃないかなって。

 

 

ちなみに弊社は新卒至上主義な上にまるで潰しが効かない職種だから離職率が低いのだと思われる。このままズルズル年をとると弊社以外では何も出来ない人間になりそうで、それが何より怖いのだ。

 

 

・残業が少ない人=仕事ができるという認識

面接の時、逆質問で残業時間について聞いてみました。こちとら今の会社の残業時間に不満があるから転職活動してるんだから、残業時間聞いて嫌な顔されるような会社なら入る意味がない

 

するとこんな返答が。

 

 

面1「そうですねぇ…人によるんだけど、20時間くらいかな?繁忙期で長くなっても40程度ですね。」

 

面2「すっごく仕事のできる子は10時間くらいで帰っちゃうかな?不慣れな子や、他の人の仕事もガンガンフォローする人は60とか超えることもあるけど、年平均だと30もないと思う」

 

 

と、月60で羨ましいとか言われる弊社と比べてかなりマシになりそう。

 

 

残業しない人=有能って認識も良いよね。残業代欲しさに残る人はあまり上からよく思われてないらしい。そこも弊社と真逆の考え方でした。

 

 

 

・トップの考え方

社長とも面接したのですが、「俺だけ儲けても仕方がないから会社の利益は社員になるべく還元したい」「どうすれば優秀な社員に育つか? → 金でしょ」と、社員への投資を惜しまない人でした。

 

例えば手当対象の資格はこの会社に20種くらいあるんですが、20種の資格を持てば全てに手当がつくので、資格手当だけで10万くらい貰ってる人もいるらしい。

 

 

受験料も受かりさえすれば会社持ちで、2つまでしか手当がつかず受験料も自腹な弊社とは大違いである。

 

あと管理職にも残業代がつくとのこと。

 

 

社長「だってそうしないと誰も管理職なんてやりたがらないし出世も嫌がるからね」

 

 

なんだこの人最高かよ。弊社の脳筋会長に聞かせてやりたいぜ!

 

 

資格手当を中心に、働きぶりを見て基本給を上げていき、幹の部分を太くしていくという考え方は良いよなぁ。

 

 

だらだら残業して金稼ぐのはやる気は出ないわソレが当たり前の雰囲気になるわ自分のスキルも上がらないわで良いことないしな。

 

面接官が「社長ももっと社長らしく良い車乗れば良いのにね。」とこぼすくらい従業員を大事にしているらしいです。そりゃ口コミ80点越えも納得だわ。

 

 

転勤ほぼ無し

会社自体がソレほど大きくないせいか、転勤はほぼあり得ないそうです。あっても2週間くらいで戻ってくるとか。

 

あまりコロコロ移動するのも嫁さんも居ることですし気が進まなかったのもあり、これはなかなか嬉しい話。

俺の都合で嫁さんにも転職させるのは嫌だもんな。

 

 

 

と、まあこんな感じ!

 

まだその会社に入社したわけじゃないので油断は出来ないけど、かなり誠実に対応して貰えたし、おそらく現職よりだいぶマシになるのではないかと。

 

現職は面接の段階で若干…というかだいぶ嫌な予感したもんな。住宅手当もこれから付けると言っといて未だに付かないしorz

 

数年後にこの記事を読み返してどう思うか…楽しみなような不安なような笑

 

 

ではではっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました