約3ヶ月ぶりに待望の1匹!!!

釣行記
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ご無沙汰しております、おきたです。

 

 

2〜3月は釣り人とって地獄のシーズン。ここんとこ、本当にアタリどころか餌を取られることすらなく、辛い日々が続きました。

 

3/31の午前中、近所の釣具屋で釣果情報を聞いてみたところ「うーん、バチ抜けもまだやし…アジとかも回って来てないからガシラ(カサゴ)とかチヌ(クロダイ)とかその辺ですかね?」とのこと。

 

一年中釣れる連中ですね。とはいえここ最近はそれらさえまるでアタリはなかったのだ。

 

 

ツイッターだと淀川でチヌをルアーで釣ったとか、そういう情報は流れて来ます。サゴシとかコウイカも流れてくるけど、場所が四国だったり九州だったり。大阪はまだ始まってないかなぁ。

 

とはいえ暖かくなり始めてだいぶ経つし、ぼちぼちアナゴあたりは来るのでは?というか来てくれマジで。

 

 

ボウズが続くとアナゴ釣りみたいなところがある、アナゴをナメているというよりは絶大な信頼を寄せている俺ですが、ここんとこは彼らにさえ振り向いてもらえない俺。

 

 

最近釣り場でよく会う黒猫氏。「こいつ全然釣らねえなヘタクソめ」と思われているに違いない。

 

 

 

とはいえ釣り場に行かなきゃ釣れる確率0%だもんな。魚を釣るには、釣りに行くしかないのだ。

 

 

穴釣り用の安物ロッドと、以前購入したメバリングロッド を持って海遊館裏へ行きました。

 

 

穴釣り用のロッドにブラクリ+サバの切り身を付けて壁際に落とし込み、待ってる間にアジやメバルを狙う作戦です。

 

 

で、アジング用の仕掛けを用意していると、先に落とし込んでいた穴釣りロッドがコココッ!と音を鳴らします。

 

 

よっしゃ少なくとも魚だ!

 

 

魚の引きに飢えていた俺はソッコーでそのロッドを手にします。

 

 

これこれ!このグングン来る感じ!この引き方は間違いなく…!

かわいい

 

待望のアナゴ1号です。今年に入って初めてじゃないかな?

 

 

小さいけどなかなか肉厚でパワーのある子でした。

 

 

これを釣り上げた時、周りに誰もいないと思って「っしゃ!!やりい!!」とか言っちゃったよ。魚釣るの自体久々すぎて。

 

 

そうしているとアジングしているオッチャンから話しかけられました。今の独り言聞かれててクソ恥ずい

 

 

 

オッチャン「おおー!アナゴ!兄ちゃん渋いモン狙うねー!」

 

 

俺「ちっこいからリリースですけどね笑 アジングされてるんですか?」

 

 

オッチャン「うん…でもなー、この辺はまだ回ってこないな。5〜6月くらいからやね。堺の方は来てるみたいやけど」

 

 

なるほど、アジはこの時期まだ厳しいのか。

 

それを聞いた瞬間、さっきまで用意してたアジングロッドを片付け始める俺。

 

 

勝てないと分かった戦はしないのだ。ベテランぽいオッチャンが釣れないのにトーシロの俺が釣れるわけもなかろう。風も強いし。

 

 

ここからはアナゴ1本に絞った方が良さそうです。ブラクリの落とし込みは多少の風も気にせず出来るから良いね。

 

 

しかしこの後は一向にアタリが来ませんでした。まあ翌日仕事なんで長時間やらなかったってのもあるけど。

 

 

ところで最後の方で、引きはないけど妙に重い何かが掛かってた気がするんだけど、あれなんだったんだろ?あげてる途中でバラしてしもうた。

 

 

餌は持ってかれてたから生き物だとは思うんだが。ヒトデかカニかタコ?うーむ、分からん。

 

 

ともかく持ち帰りサイズは釣れなかったけど、久々に生きた魚と出会えて満足です。

 

 

次はサイズアップ目指そうかね。コマセカゴを放り投げてみるのも手かもね!

 

 

 

ではではっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました