仕掛けを少し工夫してアナゴ狙ってみた

色々試してみた
スポンサーリンク

どうもこんにちは、隙あらば夜釣りのおきたです。

 

 

昼間はもちろん、夜も随分暖かくなってきましたね。おそらくアナゴもそろそろ活発になって来るころではないでしょうか。

 

 

実際に2週間くらい前に小型とはいえ1匹釣れたし(リリース)、ぼちぼち良型のアナゴも来てくれそうな気がしているのだ。

 

そう思い、昨日はまたオリジナルの仕掛けを作ってアナゴを狙いに行きました。

 

 

オリジナルと言っても、もう既に使い古された方法なのかもしれませんが笑

 

↓こちらがその自作の仕掛け

作り方は見ての通りで、

 

 

1. フロロカーボンのハリス(6号)を40cmくらいに切り、片方に針を結びます。

 

2. 絡み防止のチューブを15cmくらいに切って通します。次にシモリ玉を通して、ウキ止め糸で固定します(使ったのほぐしたタコ糸だけど)

 

3. スナップサルカンを通し、その後2.と同じようにシモリ玉、チューブを通して最後にまたスナップサルカンを結んで終わり!

 

 

 

チューブを通したのは、アナゴのように細長い魚はとにかく仕掛けをぐちゃぐちゃにしてしまうからで、それ防止のため。

 

チューブとチューブの間の箇所にスナップサルカンを通したのは、これにナス型オモリを引っ掛けるためです。

 

そうすれば、アナゴのような小さなアタリでも感じ取ることが出来るという作戦です。

 

 

 

ただ、今回はナス型オモリの代わりにサビキカゴを使ってみようかと。

 

サビキカゴの中に魚のミンチとか、とにかく集魚効果ありそうな適当なもんを詰めて沈めておけば何かしら来るんじゃね?という雑な発想から来た作戦です。

 

 

 

今回も十分な勝算を持って釣り場へ赴きました。いつも開始前だけは威勢が良い

こんな感じ

 

 

今回はサシエにイワシの切り身を、そしてカゴにはそのイワシの内臓を詰め込んで落とし込み、竿先に鈴をつけて待つことに。

 

 

釣りを開始したのは約18:30ごろ。薄暗くはなって来たもののまだアナゴタイムじゃないかなーというところで、同じくアナゴ釣り師のオッチャン(もはや顔なじみ)と会い、雑談しながら待つことに。

 

 

オッチャンに上記の仕掛けを見せた(というか見られた)ところ「絶対釣れるわ」との太鼓判を押してもらえました。

 

 

年に140匹くらいアナゴ釣ってるらしいオッチャンに言われると心強いぜ!

 

 

ちなみにこの日、オッチャンは自作の竿台を貸してくれました。

これめっちゃいいな。俺も作ってみようかな。

 

 

適当に雑談しながら待つこと約1時間。

 

 

突然鈴が激しく鳴り始めました。

 

 

 

リリリリリリリリン!!!と、なんかこの激しさはアナゴじゃなさそう。しかしなかなか重くて引きも強いので結構期待できそうな奴では??

 

 

タモがいるかどうか一瞬悩みましたが、そのまま引き上げることに。

 

 

正体はコレでした。

たけめば

 

 

一瞬カサゴかと思いましたがタケノコメバル と言うそうですね。フォロワーさんが教えてくれました。

 

 

カゴの中にしこたま詰めたイワシのワタも殆ど無くなってるし、随分がっついたもんです。この子の口の中に餌がいっぱい入ってました。

 

 

しかしこのでかい口でよくサビキカゴの中身をほじくり出せたな。どうやったのか知らんが見た目以上に器用なのかも??

 

 

それにしてもロックフィッシュという時点でもう美味そうだしサイズもあって丸々太ってて…ってアレ

 

この子、ただのデブかと思ったけどこのお腹を見るに卵が詰まってるっぽい…?

 

 

4月下旬はもう産卵期を過ぎてるような気がしたけど、ツイッターのフォロワーさんも多分抱卵個体ではないかとのことで。遅産なのかな?

 

根魚は成長速度が遅く数が増えにくいという話もあるし、それならリリースするしかないなぁ。

 

 

水面から堤防の間にそこそこ高さがあったので、この子は水汲みバケツに入れたままゆっくり海面に下ろしてお帰りいただきました。

 

 

その後はアナゴらしきアタリはあったと言えばあったけども、全部バレました。なお隣のオッチャンも同様でした。

 

オッチャン、アナゴ釣り過ぎてこの辺のアナゴ知恵つけてんじゃない?と思うくらい、今日は全然乗りませんでした。

 

 

まあしかし今回使った仕掛けは集魚効果はかなりあり、バレたとはいえアナゴのアタリも読みやすいので効果はかなりあると言えそうです。

 

 

課題として、ワタを入れたサビキカゴの方ばかりつついてる場合もあるっぽいこと。まあでも、そうして集まって来たのなら今度はカゴをナス型オモリに切り替えればよかろう。

 

あと針がアナゴ用じゃなかったのが痛かったかも。近所に売ってなかったから近い形のを代用したんだけどね。

 

 

その辺の反省を踏まえて、また再チャレンジしようと思います!

ではではっ!

 

 

 

 

おまけ

アジング兄さん達の周りに集まる猫達

やっぱ釣れたの分かって寄って来てるな

コメント

タイトルとURLをコピーしました