「残業地獄の非常口」さんのインタビューに答えてみたよ

どうもこんにちは、めちゃくちゃ間隔空いてしまってすみません。おきたです。

3週間ほど前に残業地獄の非常口というブログのベンゾーさんのインタビューに答えて来ました。

期間が空いてしまったのは膝を痛めて入院していてドタバタしていたからだったり

「ブラック企業自慢はよく聞くけどホワイト企業自慢はあまり聞かない」という彼の呟きに俺が反応し、んじゃ色々聞いて良いですかーって流れで質問に答えることになりました。

詳細はこちら 上にも載せたけど。

現職がホワイトかどうかは断定出来ないところはありますが、前職と比べれば格段に労働環境は良いので転職は成功したと言って良いかな、と思います。

リンク先に大体書いてあるんですが、とりあえず近況報告も兼ねて、今の職場に不満があるけどなかなか転職に踏み出せないという人の参考にほんの少しでもなればという意味で前職と現職の比較をしていこうと思います!

会社の規模

  • 前職:一部上場。従業員数1000人前後。全国に支社アリ
  • 現職:非上場。従業員数30人ほど。

会社の規模で言うと前職の方が遥かに大きいので一見安泰な会社に見えますね。

この会社を辞めると言った時は母親から凄い勢いで止められたものです。

一部上場と言っても、上場したのはつい最近で、俺が入社した2016年時点では二部、その数年前までは非上場企業でした。

業務内容

前職:環境系の会社。水質や土壌の環境分析や生態調査等

現職:検査会社。金属製の製品(鋳物、配管、鉄筋など)を検査し、異常がないかを見る仕事。

はい、業務内容はガラッと変わりました。環境分析(化学系)の仕事からどちらかと言えば土木系の仕事へジョブチェンジです。

学生の頃は化学(というか放射線)を専攻しており、前職でもそれなりに専攻を活かせる職種ではあり実験等も好きと言えば好きなんですがそんなこと言ってる場合じゃないくらい激務だったのでたまらず転職を決意。

環境分析系の会社の中ではアレでも待遇は良い方だったので、同業他社への転職は考えていませんでした。

入社資格

前職:大卒以上

現職:高卒以上

前職は京大生やら東大の大学院卒など高学歴の人がそこそこ見受けられました。スペックの活かし方を明らかに間違えている。ステラでサビキするようなもんだと思います。

現職は基本的には大卒以上を採るようにはしているものの、要相談で高卒もOK

というか高卒の人が1/3くらい占めているような。でもこっちの方が明らかに待遇は良いという

資格手当等

前職:受験料・試験のための交通費は自腹。平日の試験は有休申請。手当対象資格のうち2つまで手当がつく(MAXで計2万)が、賞与や残業代には反映されない

現職:合格すれば受験料は満額キャッシュバック。交通費も支給、平日の試験は仕事扱い。資格手当は対象のもの全てにつき(MAX約10万)、賞与や残業代にも反映される

これはもう現職の方が一方的に、圧倒的に、火を見るよりも明らかに良い。

俺みたいな不真面目な人間でも札束で頬を叩かれればやる気も出ます。

資格が増えれば当然責任や仕事も増えますが、それで給料も増えるなら文句はないです。

残業時間

前職:60〜80時間

現職:10〜20時間

まだ新人だからというのもありますが、残業時間はかなり改善されました。

定時退勤しても文句は言われないというか、残業をイレギュラーな存在として扱っているあたりとても有難い。

残業前提の業務を組んでいて、毎日定時退勤するような人が白い目で見られていた前職とは大違いです。

残業代はその分減ったので月給は正直下がりはしましたが、資格手当が乗る点と基本給が前職より高いお陰で残業時の時給も今の方が高いです。

また管理職クラスでも残業代は出るのが有難い。曰く「そうしないとみんな課長や係長になりたがらないから」とのこと。そりゃそうだ。

役職が上がれば残業時間も増えると思うけど、残業前提で業務を組んでいるわけではないのでそれは有難いし、前職なみに残業することになっても単価はずっと高いので良いかな、と

 

人間関係

前職:どちらかというと良い人の方が多いが、雰囲気はギスギス

現職:課長のおかげで非常に良好

前職は中小企業のような忙しさに加えて大企業のような融通のきかなさ、決済の遅さ等もあり皆ストレスでイライラギスギスしておりました。

基本的には良い人が多く(パワハラ大好きな駄目人間もいたけど)、一人一人に恨みとかは一部を除いて無いんですが、全体的に見ると激務ゆえにピリッとした空気が流れていました。

現職は転職者が殆どだからか、ブラック企業の酷さを知っている人が集まっているので、そういうのは無くしていこうという意識がとても強いです。

課長が特にセクハラやパワハラは許さない人で、この人がまとめ上げているお陰というのもデカイかと。

前職の課長はまさに↓のAtusiさんの記事のような酷い課長だったんで上司のやり方次第で大きく変わるもんだな、と思います。

課長は無能がなる役職!クズだと感じたら切り捨てるべき!

病欠の扱い

前職:入院等で休んでいた期間は欠勤扱いとなり給与はその分引かれる。傷病手当金の申請必須。

現職:月給制なので入院していても月の給与は変わらず。

これは一長一短あって、前職の制度が普通だと思っていたのですが、現職の場合は月収は変わらず、代わりにボーナスを調整することになるらしい。

でも有休を使い切って入院する場合は次年度の有休を前借りして入院期間に当て、賞与の減額を防ぐという手もあるとのこと。

まあ俺はソレは使わなかったんですが、小さい会社だからかその辺の融通が効くのは良いな、と。

ちなみに有休の取りやすさは段違いです笑

とりあえずこんな感じ!新しい職場ではそこそこエンジョイしております

最近ブログの更新滞りまくっていたのでボチボチ再開していこうと思います

膝も治ってきたんで釣りもいけそうですし笑

ではではっ!