右膝が爆発して入院した話〜発症編〜

どうもこんにちは、今はどうにか歩けるおきたです。

前回の記事でもチラッと触れましたが、今年の9月上旬の1週間ほど入院生活を送っておりました。

 

 

原因は右膝の内出血。仕事中にいきなり膝の中を通っている血管が切れた(破れた?)ことにより血が右膝内にたまりパンパンになってしまいました。

 

痛みはないのですが関節の部分が腫れたわけなんで、膝は圧迫されて全く曲がらない状態に。その日は早退してそのまま病院へ行きました。

 

ちなみに内出血した理由ですが、何処かにぶつけた訳でもなく重いものを持ち上げた訳でもなく、正直サッパリ分かりません。

 

ただ心当たりはあり、3年前に手術した箇所とほぼ同じところが腫れたんで、その手術跡が膝を曲げた拍子に開いたとかそんな理由だと思います。

 

3年前に手術した話は後日書くとして、今回は今年の9月に入院したくだりを覚えている範囲で書き連ねて行こうかと!

突然の爆発

 

 

9月某日、会社内にて椅子に座って検査の仕事をしておりました。

 

 

椅子と言ってもキャスター付きの小さな作業用の椅子で、20cmくらいの高さしかなく、ほぼしゃがんでいる状態です。

 

んで、3時くらいになんか右膝に違和感が。痛みはないけどだんだん膝を曲げているのが辛くなってくるというか。

 

 

筋肉の痙攣か、膝周辺をつったのかなと思い、一旦膝を伸ばしてマッサージしてみたんですが、そのまま曲がらなくなりました。

 

 

膝の中に血が溜まってパンパンになって曲げられないという状態。不思議と痛くはないけれど歩くのはもーのすごい苦労します。

 

 

これはもう仕事にならないと判断し、係長に事情を説明し病院へGO

 

 

「こういうときは無理せず言うんだゾ☆」と優しく注意されました。

 

 

 

足を引きずりながら病院へ

 

某総合病院へついたのはほぼ1時間後の16時頃。

 

 

俺「すいませーん、膝が爆発したんですけども」

 

 

 

受付「へっ!?膝ですか!すみませんが整形外科は午後6時からなんですよ~。向かいのM病院に行かれると良いかと」

 

 

 

というわけで一旦この病院を出て、向かいの整形外科で見てもらうことに。

 

 

 

そこではレントゲンを撮ってもらったのですが、

 

 

 

先生「良く分からんからMRI撮るしかないな。向かいの総合病院で診てもらって?

 

 

なんつー二度手間

 

 

 

M病院にて松葉杖を借り、紹介状を書いてもらい、総合病院へ再び行くことに。

 

 

 

 

先生「あー、3年前に手術したやつね…あのときの担当のフクラギ先生は異動になっちゃったんだよね。でも手術したバラムツ先生なら○○大学病院にいらっしゃるよ」

 

 

 

先生「ただバラムツ先生は今お休み中でね…最短でも1週間後に診てもらえることになるかな☆」

 

 

先生「それまで入院してもいいし、自宅療養でもいいけど…」

 

 

俺「んー、ちょっとヨメと相談しても良いスか?」

 

分かりやすいようにイニシャルだけ揃えて魚の名前にしました

 

 

とりあえず嫁さんに電話で状況を説明。事前にLINEはしていたものの、入院する可能性があるとまでは思っていなかったのだ。

 

ここは一旦家に帰って安静にして、1週間後にバラムツ先生の元へ行くかということに。

 

で、ちょうど話し合いが終わり、先生に報告に行こうと診察室をノックしようとした瞬間に看護婦さんが出て来ました。

 

 

看「あ、おきたさん。大部屋と個室どっちが良いですか?」

 

 

俺「(…ん?)えー、大部屋ですかね。(安いし)」

 

 

看「そうですかー分かりました。後ね、申し訳ないんだけど今日の分の夕飯は用意できてないから近くのコンビニに行ってもらって…」

 

 

俺「え、俺入院することになってます!?

 

 

看「え?ハイ。先生から言われてません?」

 

 

 

先生ェーーーー!!!

 

 

報!連!相!

 

報!連!相!ちゃんとしよ!!!!

 

 

 

あんまこの言葉好きじゃないけど!!!!!!

 

 

報!連!相!

 

 

というわけで俺強制入院。なんてこったい。思ってたよりヤバイ症状なのか?

 

 

てかそういうの不安になるから!

そんな俺のいないとこで話進めないで!課長か!俺の前職の課長か!

 

 

ここで嫁さんに速攻でLINE、会社の上司にも連絡し、くそみたいなツイートをしてそのまま流れるように病室へGO

 

 

その時のツイート

全然不安そうじゃねえな☆

 

 

ちなみに大部屋がいいと言ったのに個室へ案内されました。まあ満室だったらしいし仕方ない。空きができ次第大部屋へ移動です。

 

 

 

この日は嫁さんに着替えとかメシとか持って来てもらい終了。

 

 

また入院かよとなじられるもまあ仕方ない。俺だってそう思う。

 

 

長くなりそうなんで一旦ここで切りたいと思います。

 

 

ではまた次回!

 

 

Bye!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。