ブラックな前職で世話になった上司がまさかの転職をキメた件

仕事・転職
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ワクワクが止まらないおきたです。

 

もうタイトルでオチてるんですが、前職でとても良く面倒を見てくれた上司(以下Aさん)がなんと転職することになったそう。

 

俺が前職を辞めた後もAさんとはちょくちょく飲みに行くなど、転職後も仲良くしてもらっており、連絡先も知っていたのですが、こないだLINEで唐突にカミングアウトされました。

 

 

Aさん「こんばんは、ワシもおきた君に続いてビズリーチ出来るようになりました」

 

 

俺「え!!マジですか!!!!おめでとうございます!!どこへ行かれるんですか?」

 

 

Aさん「東京の方の○○って会社だよー。今よりよっぽど良い条件で飲んでくれたわ笑」

 

 

いやーーーおめでとうございます!!!

 

本人も気にしていたけど、50オーバーという年齢でよくぞ転職をキメたもんだ。なかなか苦労したみたいだけどね。

この後、Aさんと実際に会って話を聞いてきました。

エース級ベテラン社員の突然の転職

 

ここでAさんがどんな人かをご紹介。

 

いくつもの大型業務を担当しており取引先からの信頼も厚い

 

・面倒見がよく部下のミスは出来る限りフォローし、他の社員に部下が怒鳴られている時も止めに行くような優しさを持つ

 

俺の入社面接の時の面接官

 

・Excelで報告書作成用のテンプレートを組み、業務を大幅に圧縮

 

・「いいよいいよ適当で!」が口癖で、これによりリラックスでき救われる部下多数

 

褒めて伸ばすタイプ。息苦しい部署の中での唯一のムードメーカー

 

 

と、まあこんな感じの居なくなると死ぬほどやばいエース級、ってかエースです。

 

陵南高校から仙道が抜けるようなもん。完全に面白い嫌な予感がする。

 

要領も良く仕事も早く、教えるのも上手いので新人の教育面でも、業務上も、なくてはならない存在なのです。やべえ。やばすぎる。

 

強いて言うなら報告書作成用テンプレートはちょっとツメが甘いと言われることはありますが、マクロを組める社員がAさんしか居ないからもうどうしようもない。

 

もう来年からSE雇ったほうがいいよ。化学分析のプロ集団なのは良いけど全員Excelに詳しくないんじゃ繁忙期マジで死ぬと思うぞ。

まあ知ったこっちゃないと言えば知ったこっちゃない。

 

 

部署のみんなは誰もこの件に触れないらしい

 

Aさんが転職先を決めた数日後、取引先に向かおうとしたときに課長(クソ)が一緒についてきたとのこと。

 

今までそんなこと一度もなかったから、「ついにこの件について触れてくるか・・・?」と身構えていたところ、

そのまま取引先でコトを済ませてそのまま帰ってきたらしい。なんやねん

 

 

他にも別の支社からエライさんが何人かなんの前触れもなくやってきた時も大した会話はせずに終了。誰も触れてこようとしないそうだ。

 

正直なところ誰も気がついてないだけのような気がしなくもない。

隠し事が苦手な俺ですら誰にも悟られることなく転職出来たくらいには良くも悪くもドライな部署だったし。

 

うーん、でも俺が転職したのが課長たちには意外に堪えたらしいし、その辺敏感になりそうなもんだけどな。

 

大方、「それほど聞くのが怖い」んだろうな。

噂では聞いていたけど、他ならぬAさんの口から「転職するわ!!」って聞くのが怖くて仕方がないのかも。

 

まあそりゃでかすぎる損失だし、怖いよな。震えて眠れ

 

 

 

俺以上に前職には不満があったそう

 

上記の通りAさんは非常に気さくで話しやすい上司だったので、俺もついつい仕事の愚痴を彼に聞いてもらっていたのですが

Aさんは俺以上に会社に対して不満をもっておりました。

 

例えば等級制度をとっていて、5等級以上になると残業代が付かなくなる点

 

5等級以上は管理職扱いだから残業代がつかないのだ。あまり詳しくないけど本当はコレ違法らしいね。。。

 

当然ながら残業はなくならない。だから殆どの社員が、残業代がもらえる4等級時代より給料が減るという。

 

Aさんはまだ比較的早めに帰ることが出来ていたけど、22時が定時みたいな頭おかしい部署もあったりする。

 

そんな部署でも5等級社員は終電逃したり会社に泊まったりして働いているという…。

 

こんな姿を見ていて下の社員たちが出世したがるわけがないわな。マジで辞めてよかったと思う。

 

 

そういうあくどい事をしているから労基のガサ入れがよく入るんだよ。

そのたびにシステム上で退勤時刻を書き直させたりしてたけどソレ根本的な解決になってねーから!!!

 

そりゃ優秀な社員ほど愛想を尽かして出ていくわけだ。

 

 

 

他にも無駄に時間を取り、会長のご機嫌を伺うだけのクソみたいな研修や、

決済の遅さやムダな会議の多さ、パワハラしか脳のない、いくつもの案件を落とした無能な上層部といい

細かいところを上げればキリがないってくらいAさんからは不満が湧いて出てきました。

 

 

思えば俺が退職するときに「俺にも退職願の雛形送ってくれよ!」と言ってきたことがあり、当時は冗談だと思ってたけどあれガチだったんだなぁ。

 

流石に面接は年齢のこともあってかなり苦労したらしいけど、履歴書送付→スカイプ面談→面接を通して見事内定を勝ち取った模様。

 

是非うちへ来てほしいと、半ばヘッドハンティングのような状態。ちょっと羨ましいかも。

 

第二新卒のような、若手でなくてもブラック企業からは逃げられるというちょっと勇気をもらえるようなエピソードでした。

 

いやまあAさんの次の会社がホワイトとも限らんけど。

 

ではではっ!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました