社会人になって思う「趣味」の大切さ

持論的な
スポンサーリンク

どうもこんにちは、社会人になって趣味が増えました。おきたです。

今の職場では趣味を大事にする人が沢山います。

 

料理とか筋トレとか釣りとか自転車とか。趣味を大事にしてる人の話ってやっぱ聞いていて面白いんですよね。

 

お決まりの「どう?おきた君も○○始めてみる?」ってやつ。やめて!!釣りだけでもやばいのに!!やりたいこと増えすぎて困っちゃうやん!!

 

 

一方、俺の前職には無趣味な人が多かったです。かくいう俺も前職にいた頃、1年目の時はほぼ無趣味でした。

 

今の嫁さんは俺より早く働き始めましたが、当時学生だった俺に言ってきた一言として「社会人になったら趣味は持った方が良いよ」とのこと。

 

これは身をもって痛感しましたし、今日はその辺の話をしていきたいと思います。

趣味がないと平日の辛さを乗り切れない

今は週末に釣りへ行くという楽しみがあるからこそ実感します。土日に釣りに行けるから平日の仕事も頑張れると。

いやマジで冷静に考えて俺らリーマンは平日5連勤してるんですよ。5対2やぞ。コレが毎週続くんやぞ。

2日しかない土日でどうやって狂気の5連勤と戦うのかと。クッソ楽しみなことでもない限り無理でしょ。

 

仕事でクタクタに疲れた状態で土日はドロのように眠るというのもまあアリっちゃアリだと思うけど、それだとHPは回復してもMPはそのままなんですよ。少なくとも俺はね。

 

エンジョイできる物がないとやってらんねーーーー!!!!!!!!

 

というか休日といわず出勤前、下手すりゃ昼休みにでも行きたいくらいです。

 

多分上司にこっぴどく怒られても昼休憩でカサゴ釣って来れたら忘れる。

 

去年の11月に、仕事のことで追い込まれて鬱になりかけた時期にカワハギ釣りに誘ってもらえてどうにか持ちこたえられたという点もありますし。

そういうリフレッシュって案外馬鹿にできないんだよね。

 

 

 

無趣味な人が上司になるとヤバイ

前職に居たんですが、趣味と言える趣味がなく、休日も特に何かをしているわけでもないようなタイプによくこういうことを言われました。

 

 

「その趣味に掛ける情熱を仕事に活かせよ

 

 

バーカバーカ!!!何いってんだ!!バーカバーカ!!

おきたさんは本当に怒ると語彙力がなくなるタイプです

 

趣味への情熱を仕事ごときに割けるか!!

 

 

だって勿体ないじゃないですか。

情熱を持って仕事をしても給料は変わらないのに釣りへの情熱は釣果に直結するからね。

 

俺の気合と根性と努力と情熱と興味関心は全て趣味のための物じゃ!!!仕事に分けてほしいなら金を出しな!!タダじゃねえぞ!!

 

(今の職場は金を出してくれるのでそれなりの情熱は注いでます)

 

 

前述の上司の発言のマイルド版で「休日は趣味を満喫できたから仕事にも気合を入れて臨めるよな!」ってのもありますが、

俺としては「休日を満喫するために金を稼いでる」という面がかなり大きいので因果関係が逆だったりする。

 

 

ちなみに最低な上司になってくると「趣味を楽しむ余裕がまだあるのか?(意訳:全てのエネルギーを仕事のみに注げ)」ってやつが居ます。背中にゴンズイ入れてやりたくなりますね。

こういうつまんねー大人にならないためにも趣味はあったほうが絶対良いよ!

 

 

ここまで酷くなくても、趣味に割く時間を無駄な時間と捉える人は結構多かったりする。「今日一日漫画しか読んでなかったわ」みたいな。

いやいやその漫画を読んだことで話の合う人が増えたかもしれないし自分の視野が広がったり色んなことに興味持てたりしたかもしれんし全然無駄じゃないから!!!

ゲームだってアニメだってそう!MP回復のために必要ならソレは自分にとって重要なことだから!!少なくとも俺はそう思うよ!!

 

 

 

 

どうすりゃ趣味が見つかるの??

ここまで趣味の大切さについて色々言ってきたけど、前職では「夢中になれる趣味がない」って言う同僚が結構多かったです。

 

というか、前述の通り俺も社会人1年目の頃は無趣味同然でした。

チャリンコで10分くらい走れば海があるという最高の物件に居ながら釣り道具は何一つとして持っていませんでした。

 

じゃあ釣りにハマったきっかけは何やねんってなるけど、当時から釣りに全く興味がなかったわけじゃなくて、やってみたいという気持ちはあったりした。

子供の頃親父に連れて行ってもらったときは普通に楽しかったし、でも自分で釣りをしたことはないし始め方が分かんないなーって。

自分なりに調べて釣具屋に行ってその最初の一歩を踏み出して、そのまま沼に沈んだクチです。

 

要はなんとなくやってみたいと思ってることはさっさと手を出せばいいし、はじめの一歩を踏み出さなきゃ趣味にならんよってこと。

自分が子供の頃に経験した楽しかったこととか興味はあるけど敷居が高く感じるとか、色々理由があって第一歩を踏み出せない気持ちはよく分かるけど、そんなもんだんだん上達するしまず始めて見ないと話にならんのだ。

 

身近に自分が興味のあるものを趣味にしてる人が居たら色々聞いてみるといいです。親切に教えてくれるし何から始めれば良いかも心底嬉しそうにレクチャーしてくれるはず。

 

 

・・・というエラソーなことを同僚には言っていました。

 

 

 

 

とは言え金は飛んでいくゾ☆

 

コレは仕方ないね☆

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

以上です。

 

実際アレよね。趣味を通じて人と人とのつながりが広がるってのもあるし、やっぱ趣味は持っていて損はないですよ。

俺も釣りを始めなかったら今でも大阪の知り合いは職場の人以外はゼロだったはず。

定年退職後はもっぱら家で寝て過ごしてます、なんてなるのも嫌だし何かしら一生続けられそうな趣味は持っておいた方が良いなーって話でした。

 

そんな感じです

 

終わりっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました