(案)サヨリの遠投コマセカゴを改造してタチウオ狙えるのでは?

色々試してみた
スポンサーリンク

あ、まだ実行に移してはおりません。おきたです。

 

 

こないだ、職場の係長(だいぶ釣りバカ)と、こんな話をしていて思いついたんですね。

 

 

俺「今はタチウオの時期ですしどこも混んでますよね」

 

係長「ですねえ。おきたさんはメタルジグで狙ってます?テンヤ?」

 

当たり前のように俺がタチウオも狙ってるという前提で話を振る係長に多少の違和感を覚えつつも「どちらかと言うとテンヤです」と答えると彼はこう答えました。

 

係長「なるほどなぁ。やっぱ餌の方が食ってくるもんなぁ」

 

 

ほう?

 

ルアーやジグよりも餌のほうが食ってくる、と。

 

いやまあそりゃそうなんだろうけど。大抵の魚は生餌のほうが食ってくるイメージがあるけどタチウオもやっぱそうか。

 

なんとなく連中は目で見て追ってくるタイプの魚だと思ってたから、あんまり関係ないと思ってた。

タチウオから見ればテンヤもルアーも対して変わらないんじゃないかと。

 

でも、やっぱキビナゴみたいな餌のほうが食ってくるとのことで。その違いはなんだ?

 

 

まあそりゃやっぱニオイですよね。餌とルアーの違いと言えばやっぱそこでしょ。

 

 

じゃあタチウオもニオイの強い餌を使えばおびき寄せられるんじゃね?

 

という安直な発想により、タイトルの通りサヨリ用のコマセカゴを利用できないかと思った次第。

 

ちなみに同じくニオイでおびき寄せるアナゴ用の仕掛けならすでに作った。

 

仕掛けを少し工夫してアナゴ狙ってみた

 

フォロワーさんとアナゴ釣りに行って来たよ!!

 

 

 

普通のサビキ用のカゴだと沈んでしまい、主に表層で狙うタチウオには不向きなためサヨリ用のカゴを使おうと考えた次第。

 

 

 

 

仕掛けの作成

家にある、古くなったサヨリ仕掛けがこちら。

針も錆びていて、ハリスもサバに千切られボロボロになっております。

 

 

このハリスにキビナゴをダイレクトにくっつけたりしたらタチウオに一撃で切られるのは間違いないので、タチウオ用のハリスと差し替えます。

 

 

 

 

サルカンからハリスを外し

 

 

 

タチウオハリス(ワイヤー)を取り付ける

 

 

 

ワイヤーのもう片方の先端にサルカンを結び、市販のタチウオのウキ釣り用仕掛けを取り付ければ

 

 

 

はい完成!!

 

 

・・・雑か?

 

流石にちょっと適当すぎるかもしれん。

 

あとサヨリ用のシモリ玉とか要るんかな。一応つけたけど別にいらん気もするな…。

 

 

このカゴの中にサンマやサバみたいな匂いの強いやつとか、魚の内臓やアラを細かくして詰め込んでおびき寄せるってワケ。

 

 

 

ちなみにニオイで寄せると言いつつカゴの方にもケミホタルを刺してみました。

 

エアポンプ用のシリコンチューブを噛ませることでケミホタルのサイズもあまり気にせず自由に取り付けられます。

 

上に刺したり

 

 

横から刺したり

 

どうなるかは分からんけどワンチャンある気がする。

試して見る価値はあるのではなかろうか。

 

 

 

起こりうる危険性

この仕掛を使うにあたってKY(危険予知)活動を。

いくつかのリスクを想定して実釣に臨みたいと思います。ご安全に!

 

 

・サバとかに狙われるかも?

外道として掛かりそうなのがサバなどの回遊魚。というかサバ。

キビナゴをバクっと食えて表層まで浮いてきそうな魚なんてタチウオの他にはサバくらいのもんだろう。

 

実際、タチウオをウキで狙っていてサバが釣れたという人は何人か見たし、ヤツがかかると大暴れして仕掛けもめちゃくちゃにされるかも。

隣の人とオマツリ(釣り糸同士が絡まること)してしまうかも知れん。

 

あと魚のミンチでサバが寄ってくるのは実験済みだったりする。

 

消費期限切れのサバをコマセとして使えるか検証!

 

サバが釣れ始めると他の魚がどっか行っちゃう傾向にあるし、そのへんはちょっと怖い。大阪湾で釣れるサバは妙に型が良いし。

 

 

・ウキの浮力はコレでOK?

サヨリ仕掛けを殆どそのまま使うつもりなので、浮力はタチウオ釣りで使われるやつよりもだいぶ弱い。

 

浮力が弱すぎてタチウオに上手いこと引っかからないのでは…という懸念。

タチウオってもともとカミツキ全フリの食い方だから乗りにくいとは言うし、アシストフックをつけるのは大いにありかも。

 

 

・キビナゴでなくカゴの方に噛み付いてこない?

これはアナゴ釣りのときにあったんですが、カゴの中身をバクバク食い漁られて一瞬で餌がなくなったことがあります。

直後に釣れたカサゴの口から大量にカゴに詰めた餌が出てきたので犯人は多分こいつ。お前そんな器用なことが出来たんか。

 

カサゴみたいな子なら可愛いもんですが、タチウオの全力カミカミを食らうとプラ製のカゴなんて一撃でバッキバキにされそう。

カゴよりもぶら下がっている餌の方にいち早く気付いて欲しいもんです。

 

・・・とするとワイヤーはもっともっと短くしたほうか良いのかも?

 

 

 

・周囲の釣り人に変な目で見られそう

 

ソレはもう慣れた。

 

 

・・・・・・・・・・・・・

以上です!!

 

とりあえずこの仕掛を作った時点では釣りには出かけられておりません。

今週末あたり試してみたいと思います。結果は追って報告しますw

今の時期は大阪の堤防って混み合うし、上手いこと場所を確保しないとです。

 

 

ちなみに今回の仕掛けを作るために使ったグッズは以下の通り。

 

 

しかしこういう、俺が思いつくようなことは大抵誰かが既にやっている気もする。

 

あまりこういう釣り方を聞かないのにもそれなりの理由があるのかもしれない。

 

まあそこは実際に試してみないと分からんな。コレで釣れたらかなり安価で手軽な仕掛けで釣れることになるし。

 

とにかく時間作って堤防へGO!ですね。

 

 

ではではっ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました