タチウオが釣れないのでブッコミに切り替えると良いもん釣れたよ!

釣行記
スポンサーリンク

どうもこんにちは、夜のブッコミ大好きなおきたです。

 

 

以前、サヨリの遠投コマセカゴを強化してタチウオを狙えないかという旨の記事を書きました。

 

今はまさにタチウオのベストシーズンだし、明日は休日。こりゃ試さない手はないなと思い、早速近場のポイントへ向かいました。

 

まあタイトルにもある通り、結論から言うとタチウオは釣れませんでした。

というか、周りで釣れている人を全く見かけなかったし、土曜の夜だと言うのにやたらと堤防が空いていました。

 

でもブッコミをやるならむしろ人が少ないほうが好条件。今回は久々のブッコミ釣りの釣行記になります。

19時半、サンマのミンチを作成

嫁さんとこの時間帯まで鍋をつついており、洗い物を済ませてから昼にスーパーで買ったサンマを取り出します。

 

包丁でなめろうを作るように何度も叩き、サンマをミンチにしてしまいます。

 

こんな感じ

 

このサンマミンチは上手いこと使えば集魚効果が半端じゃないのでおすすめである。

うっかり消費期限を切らせてしまったときとか特に愛用しております。

 

サンマミンチをジップ袋に入れて、キビナゴも持参して釣り場へ向かいました。

 

 

20時半、釣り場着

ちょっと釣りを始めるには遅すぎるんじゃないのと思わなくもない時間帯にこの日はスタートしました。

 

周りを見渡しても珍しくタチウオ狙いの釣り人が居ない。アジングかサビキをしてる人しかいない。

 

出遅れすぎたかなと思いましたが、聞けば今日は全くと言っていいほどタチウオが上がっていないとのこと。

今日はと言うかここ最近はてんで駄目らしい。もうどっか行っちまったのか。

 

 

 

 

一応俺もこんな感じでタチウオを狙いましたが、何のアタリもありませんでした。

居ないなら仕方ない。ターゲットを切り替えていこう。

 

 

自作ブッコミ仕掛けでカサゴHIT!

とりあえずタチウオは今日は無理そうなので、以前作ったブッコミ仕掛けにサンマとキビナゴをつけて試すことに。

 

こんな感じ

 

キビナゴは小さくちぎったりそのまま付けたりと色々と試しておりました。

 

まずは手前に落とし込んで反応を見ます。

 

さっきまでの表層の過疎っぷりがウソのように、着底してから10秒と立たないうちにいきなりアタリがありました。

 

しかしサシエにしているのはキビナゴさん。やっぱりどうしてもエサ取りに弱く取られる取られる。

 

小さめに付けて落とし込んでもなかなか乗らない。このエサ取りの上手さはアナゴだな…。

 

この後、竿にをつけて、少しだけ仕掛けを遠くに投げて、予備の穴釣りロッドにブラクリを結び落とし込む準備をしておりました。

 

すると21時半ごろ、鈴が大きな音を立て始めたんですね。

 

いい具合に乗ってるしどちら様かな?この引き方はアナゴじゃないな…。

 

 

ガッシー

 

そこそこ良型のガシラさん。これはいいね。いつ見てもカサゴは美しい。

ただ、デカイのは良いんだけど心無しかお腹が大きいような気がする。画像じゃわかりにくいけど。

 

ただのデブにも見えるしそれならどう見ても美味しいサイズだけど、もし子持ちだったらと思うとちょっと持ち帰る気にはなれずリリースすることに。

 

 

キビナゴを丸々付けてイシモチゲット!

カサゴを俺が釣ったことで周りのおっちゃんたちのテンションが上り地味に注目を浴びる俺。

 

死の海のように思われていた今日の大阪湾でも魚はいるにはいる事がわかり、希望が湧いたようだった。

実際、その時間帯(21時半)くらいから周りでサビキやってるお兄さん達も小アジが当たり始めたようだった。

 

その一方で俺はカサゴをリリースして数分後に落とし込んでいたブラクリにHITしました。

 

 

 

アナゴパイセン

 

うむ。35cmくらいだろうか。なかなか良い感じのサイズである。

アナゴはいつも向こう合わせで釣ってたけど、今回はここぞとばかりにアワセました。

カワハギほどシビアになる必要はないけど、ガブガブ噛み付いてる感覚があったらすぐに竿を持ち上げた方が乗りやすいようだった。数釣りたければ放置は良くないのかも知れん。

 

 

で、よりにもよってアナゴの針を外している最中にサンマミンチをぶっ込んでいた方の竿がしなり鈴が大きな音を立てました。

 

周りのオッチャン、お兄さんたちが「なんだなんだ?」「チヌ?結構でかそうやん」と注目してきます。変なのじゃありませんように…。

 

 

 

 

いしもち

 

おおまじか。みんな大好きイシモチさんじゃないですか。

正直分からんかったからTwitterで聞いた。

 

こちらを見ていたお兄さん達も近づいてきて「ほぉ~」「こんなのいるんだここ」と言って戻っていきます。

 

俺も正直びっくりした。イシモチ、いるんだなこんなとこに。というか初めて釣ったよこの子。

 

Twitterのフォロワーさん達曰く、相当に美味いらしい。

確かにいかにも魚らしい見た目(って言い方も変だけど)で、塩焼きなんかが凄く合いそう。どんな魚か全然知らんけど。

 

 

本日の釣果は以上です。アナゴとイシモチは持ち帰り、家でさばいて寝かせてあります。

この記事を書いている最中はまだ食べておりません。えらくタイムリーな記事になってしまった。

 

 

ところでイシモチ釣りの正攻法は?

アナゴはともかく、完全に予想外の形で釣れてしまったイシモチさん。キビナゴ丸々飲み込んでくるとは。

どう考えても俺の釣り方が正攻法とは思えないんだけど、どうやって釣るんだろ。

てかそもそも狙って釣るような魚なのかコレ?

ベラとかアナハゼとかシマイサキみたいな、外道的なポジションなのでは?

 

しかしTwitterでの皆さんの反応を見ると絶大な支持を得ているらしい。てかイシモチ大好き人間多すぎる。

 

気になってちょっと調べてみたところ、ちゃんと専用の胴突き仕掛けが存在しました。外道とかほざいてすみませんでした。

 

 

本当はイソメで狙える魚みたいですね。カレイなんかと生息圏被ってきそうだけど、胴付きだからカレイよりも餌は少し浮かせて目立たせる必要があるみたい。

 

今回のは26cmくらいで引きもなかなか強烈だったし、狙って釣れるなら相当楽しそう。

美味しいみたいだし、今後イシモチをメインターゲットにした仕掛けを考えるのも面白そうだな、と思いました。

 

ではではっ!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました