久々にサヨリを釣ってきたけど意外にコツがいるなーって話

持論的な
スポンサーリンク

どうもこんにちは、サヨリは揚げる派のおきたです。

 

 

この3連休の真ん中に久しぶりにサヨリを釣りに行ってきました!場所としては運河みたいなところ。勿論立入禁止の看板は無し。

 

サヨリを狙うのも久々なんですが、彼らを狙っていてコツとか習性とか、少し思うことがあったので備忘録的に書き残しておこうと思います。

 

いやそんなんサヨリ釣り師なら常識だからとか言われそうだけど、そもそもサヨリを釣ってみたいけどなかなか上手くいかないという人が職場で意外にいたというのもありますし、簡単そうで意外にコツがいる釣りだと思ったんですね。

サヨリはサビキではほぼ釣れない

これは俺も昔勘違いしていたんですが、サヨリはサビキ釣りではほぼ釣れません。絶対釣れないとまでは言い切れないけど、かなり難しいと思う。

 

釣具屋で売ってるアミエビブロックの袋には対象魚としてアジ、サバ、イワシに加えてサヨリの絵や名前がかかれていたりするんでサビキでも狙えるのかなと思っていましたが、そうでもない。

 

というのも、これは俺の憶測なんですが連中、上下の動きがすごく苦手。急に潜ったり急に浮上したりってのが出来ない魚なんだと思う。

 

ヒットしてリールを巻いていても、連中は潜ろうとするそぶりすら見せないし、なんなら表層を跳ねながらバタバタ暴れるだけである。

 

サバやアジのように上下に竿を揺らしてサビキ針を動かすことで反応させるやり方だと狙いが定まらないと見た。

 

なので表層付近をフワフワ漂っている餌の方が食いつきが良いと。メジナのフカセ釣りなんかでもよく掛かってきますね。

 

というかさっき調べて初めて知ったんですが、サヨリとメダカって同じダツ目なんですね。サヨリはダツ感あるけどメダカもそうか。

 

思えば目の位置とか上向きになってる口とか、特徴は似てるかも。メダカ飼ったことがある人なら分かると思いますが、彼らも浮いてるエサの方が食べるのが上手ですね。

 

 

遠投しなくても割と近くまで寄ってくれる

サヨリを釣るにはアジやサバのサビキ釣りと違い、遠投コマセカゴってのを使います。

 

ウキ(スーパーボール)の真下にアミエビを入れるカゴがあり、その下にシモリ玉、さらにその下に針があるという仕掛け。

 

こういうやつ

 

 

遠投コマセカゴなんて名前がついてるけど、意外とサヨリは警戒心が薄く、人影が見えていそうなもんなのに餌を撒いていれば割と近くまで寄ってきてくれます。

 

どれくらい近くかと言うと、海面から1mもないくらいの高さの堤防で餌を撒いていたら壁から50cmくらいの位置まで寄ってきました。

 

この位置なら穴釣りロッドでも狙えるレベルで、実際クロダイのダンゴ釣りをしていると寄ってきて、予備の竿でサイト(見えてる魚)で釣る人もいるみたい。

 

とはいえ、初めから手前で餌を撒いているよりは10mくらい投げて、竿を小刻みに揺らしながらリールを巻き少しずつこちらに寄せてくると良いかと。

 

(小刻みに揺らすのはカゴのアミエビを少しずつばら撒くため)

 

 

エサは目一杯付けない

連中はなかなかエサ取りがうまく、オキアミを欲張って全身丸々針につけると簡単に抜き取られてしまいます。

 

オキアミは頭と尻尾を取り、針の長さと餌の長さが大体同じくらいになるようにして付けるのがコツ。

 

サシエが小さくてもマキエでテンションが上がっているサヨリは普通に食いついてくれます。

 

俺はいつもマキエ(カゴに詰める餌)用にアミエビのブロックを、サシエ(針に刺す餌)用にオキアミパックを買っているんですが、サシエもアミエビブロックで何とかなりそうな気がしなくもない。

下手するとご飯粒で釣れることもあるとか。何気に何度か試しているけど未だ釣れてないです笑

 

 

アワセは思い切り竿を立てない

サヨリがヒットすると、仕掛けについているシモリ玉があからさまに引っ張られていくのでそれを確認次第竿を上げてアワセます。

 

この時早アワセしたり、思いっきりぐんっと竿をブチ上げるように合わせるとサヨリが驚いて逃げてしまうこともあるので注意!

 

竿をややゆっくり目に上げて糸をピンと張らせる感じ。向こう合わせ(魚から勝手に引っかかってもらうこと)でも良いけど、こちらからアワセた方が確率は上がるかと。

 

ただ、あまり待ちすぎると針を奥深くまで飲まれてしまうので、難しいところではある。俺はシモリ玉が引っ張られたのを確認したらすぐ、といった感じです。

 

 

サバが来たら厳しくなる

サヨリはサビキでは釣れないと言いましたが、逆にサバはサヨリ仕掛けにも寄ってきます。

 

サバはサヨリよりも上下の動きが得意ですし動きも速く群れるとビビってサヨリがどっか行ってしまう。

 

逃げまわらなくともサヨリよりも素早く餌を発見してパクついてきます。サバも嬉しいっちゃ嬉しいけどね!

 

観察しているとサバの方がわずかにサヨリよりも数10cmほど深い位置に群れる傾向があるので、サシエのハリスを短くしてより表層を狙うようにすれば少しマシになるような。

 

でもまあ、基本的に俺はサバが来たら諦めムードになります笑

 

 

サヨリのシソ巻き天、おすすめ!

生でいける魚は大体刺身にしてしまう俺ですが、サヨリはいつも天ぷらにしています。

 

ちょいミスった

 

三枚おろしにして、シソの葉っぱを身でクルクルと巻いて爪楊枝で止めて、天ぷらに。

 

シソ巻き天は釣り場で知り合ったオッチャンが教えてくれたのですが、ちょっとヤバいくらい美味しいので毎回釣れた時はこうしてます笑

刺身も捨てがたいけどね!個人的にふわっとした食感なので唐揚げよりは天ぷらの方が合ってる魚だと思う。

皆さんも是非サヨリを釣ったらお試しあれ!

 

 

ではっ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました