ブラック企業にいた時に後輩やバイトさんに教えていたことあれこれ

仕事・転職
スポンサーリンク

どうもこんにちは、意識低いリーマンのおきたです。

 

 

先に言っておきます。今回の記事内容は決して褒められた内容ではありません。

社員を大切にし、待遇も良く、仕事内容も面白く人間関係も良好な職場の方は今回語る内容は鵜呑みにしないで下さい。

 

これは優秀な人ほど辞めていき、優しい人ほど精神を病み、真面目な人ほど身体を壊し、激務ゆえにアルバイトさんが泣き出し、それを見てケラケラ笑う課長と言った、

クソみたいな職場で働いていた頃に身に付けた俺のライフハックを、新入社員やアルバイトさん達にこっそり伝授していた時のお話です。

 

 

俺は今の職場でこそ絵に描いたような真面目な人とか言われていますが、それは今の職場が人を大切にしてくれるところだから。

 

俺みたいな本来なら適当なやつでも、良くしてくれる相手にはその分働いて返さなきゃという意識が働くもんです。

 

じゃ前職はどうなんかというと先述の通りうんこでした。

そのうんこみたいなブラック企業に運悪く入社してしまった後輩やバイトさん達に精神を病まずにいられるライフハック的なものを先輩風を吹かせて教えていた時期があるので、いくつから紹介したいと思います!

 

さっきも言いましたが褒められた内容ではありません。

 

まあそこまで大袈裟なことも言ってないけどね!!

ブラック企業に入社したという自覚を持たせる

 

昼メシ食いながら入社したての新入社員達に対して言ったのがコレ。

 

残念ながらウチはブラック企業だから。

 

それを聞いた同僚達は「お前何教えてんだよw」「こいつの言うことは鵜呑みにしなくていいから!」などと言われましたが、なーにをスットロいことをオホザキになっているのか

 

「俺は良い会社に入ったんだ…」というプライドがまた重荷になるものである。

 

前職は大卒以上、院卒優遇の会社で、それなりにプライドが高い人が入ってくる傾向がありました。だからこそ、自分がブラック企業に入社してしまったということを認めたくないのだ。

 

その考え方でいると、「転職してもどこも同じだろうな…」「ここより良い会社なんて他にないだろうな…」という余計なことを考えてしまい、逃げ場がないように感じてしまう。

 

このちっぽけなプライドのせいもあり半分病みかけたことがある俺だからこそ言えるのである。認めちまった方が楽になるぞと。

 

転職寸前の時期だから言いたい放題言えました。

 

 

サボりと見なされにくい休憩場所を教える

ある日課長から「バイトのKくん、さっきからPCの前でスマホ見てんだけど…」と言われました。

 

この「…」には「おきた君はどう思う?」もっと言えば「おきた君、注意してよ」と意訳できます。

 

そんなもん自分で言えよ以外の感想がないのですが、このバイトのKくんは頼んでいた仕事をしっかり終えてくれたので俺からすれば叱りようがないのだ。

 

だいたい「さっきから」と言っても10分も経ってないくらいだったし、タバコ休憩取ってる社員はどうなんのって話よ。俺から彼に言えることはせいぜい「バレないところでサボろうね」くらいのもんだ。

 

まあKくんは仕事してくれたからサボってたわけじゃないんだけど、軽く小休止を挟む程度で小言を言われるのは彼にとっても不本意だろうし、こう言いました。

 

 

俺「なんか上が勘違いしてウルサイので…自販機前のスペースで休むと良いですよ」

 

Kくん「あっ、すみません」

 

 

この会社には自販機があり、その前のスペースに机と椅子が置いてある。

 

そこで休んでいれば「キツイ作業の合間に一息入れて、また頑張ろうとしてる」くらいに思われやすいのでいっそここで堂々とサボった方が良いというテクニックである。

 

彼は以前更衣室に隠れて数分スマホを見ていたところを部長から怒られたことがあるので、コソコソサボるより堂々と休んでいた方が怒られにくいという事例である。

 

まあこの辺は正直人によると思うし、小休止くらい許してくれる会社なら気にすることはないけど、昼休憩以外(場合によっては昼休憩も)仕事しろという社風なんで度々息抜きを入れるテクニックは必須である。

 

 

サビ残はする方も犯罪だと教える

サービス残業をさせる会社なんて論外で、もう完全に犯罪なんだけど、させる側も犯罪だと言うことを強調して伝えました。

 

1. 就業時間外=給料が出ない時間=プライベートの時間

2. プライベートの時間に会社の備品を使って良い訳がない

3. つまりサビ残は横領と一緒である

 

 

という無茶な三段論法で後輩達にサビ残だけは絶対にするなと強く言いました。これは定時後だけでなく昼休憩や始業前時間も同様である。

 

もちろんサビ残を自らしたら犯罪かどうかは適当吹いてるだけなんだけど、するなら1分単位で残業代は絶対に付けるべきである。

 

先輩達から「お前何その超理論www」と茶化されたが、何をスッとぼけたことをオヌカシになっているのか

あんたらがそんなだからサビ残が当たり前になって、上はそれを当てにした業務工程組みやがるんじゃ!!

 

サビ残したら入社早々お前は犯罪者だぞくらい言っても良いと俺は思うよ!

 

 

上司に責任を押し付けるための報連相

社会人になってからは報連相はとにかく大事である。これは意識最底辺の俺だって理解してる。

 

バイトさん達はミスをしても本当にいち早く俺に連絡してくれるから早急に対応したりうまいこと誤魔化したり出来るので助かっていました。

 

俺がなるべく話しかけやすい雰囲気を出して仕事することを心掛けていたというのもあるけどね!!!

 

で、報連相ってのは「とにかく部下から上司にこまめに報告・連絡・相談を」と取られがちだけど、本来なら報告・連絡・相談をしやすい環境を整えようという上司に向けての言葉らしい。

 

上記の通りバイトさん達はよくできてるけど(基本俺より上にはあまり用事ないし)、問題は新入社員の方である。

 

横柄な上司とか嫌いな上司の場合はとにかく報連相はしづらいもの。残念ながら前職ではクソみたいな上司がとても多く、本来の意味での報連相は出来ていない状態。

 

でも実際に部下から上司に報告しづらい状態というのは宜しくない。

 

なので俺は「報連相をしないと自分一人の責任になるから必ずするように」と伝えていました。

 

言い換えれば「責任の半分を上司に押し付けるために報連相しような!!」ということである。

 

そりゃ部下から報告・連絡・相談があれば上司としては対応せざるを得ない。それに応えるための発言には当然責任が発生します。

 

責任を取るのが上司の仕事だから!!上司はその分給料貰ってんだから1ミリも遠慮すんなよ!

 

「うーん、でも上司の○○さんは俺結構好きですし…」って人には「普通に後々困るから」と伝えてました。

 

嫌な上司には責任を押し付けるため、好きな上司には仕事を円滑に進めるために報連相しようと意識すればまあ多少はストレスも減るんじゃないかと。俺は完全に前者タイプでした

 

 

転職サイトをお勧めしておく

入社して間もない新入社員に転職サイトを勧めるってのもアレですが、俺はあと1週間後に有休消化タイムに入ってトンズラするのでやりたい放題である。

 

ここでも何度か話題に上げているUZUZやJAIC、dodaなど様々な転職サイトを教えておき、辛くなっても逃げ道はあるということを伝えておきました。






 

まあ、前職にも仕事内容が面白くて仕方ないという人も部署によってはいたから全力で転職を勧めるようなことはしなかったけど、病んだり体を壊したりする前に転職を視野に入れるのも手なんだよ、と。

 

今のご時世誰だって転職くらいするし、そんな一世一代の大勝負じゃないんだから気楽に辞めてしまえばよろしい。

 

明確に辞める理由はないけど「なんか合わねえな」という気分で辞めたって別にいいよ。一番大事なのは社長でも会社でも会社の命運でもなく、自分の人生だもん。

 

…ってのは今の職場の課長からも言われました。入社初日に言われるとは思わなかったけど、同感である。

 

 

余談

俺が前職を辞めて以来、空前の転職ブーム起こっているらしい。

俺の部署ではエース級の上司が辞めた し、隣の部署では6年目の頼れる先輩がトンズラしてしまった。

新入社員達も「なんかこの会社ヘンだな」と思いはじめているらしいので良い傾向っちゃ良い傾向である。みんなブラック企業はさっさと辞めりゃいいよ☆

以上です。うーん、我ながら酷い先輩である。

転職して半年以上経つのに未だに前職で受けた仕打ちは忘れられないし、前職の社員が転職する話はマジテンション上がる

一人でも多くが病まずにいられて、可能なら転職出来るようにと強く願うばかりです。

 

 

ではっ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました