前職(ブラック)で空前の退職ブームが起きてる件

仕事・転職
スポンサーリンク

どうもこんにちは、最近このカテゴリの話が多くなっちゃってますね。おきたです。

 

 

なんか俺が前職を辞めて以降、俺の知る範囲で空前の退職ブームが巻き起こっているようです。

 

同じ釣り好き仲間が辞め、お世話になった上司も辞め、同じ部署の真面目な女性社員も二人辞めそうになっていて、隣の部署の先輩も今月一杯で辞めてしまうとか。

 

悪いけどそういう話は大好物です。

俺らを酷い目に遭わせたブラック企業が衰退するのはいい酒の肴になるし、お世話になった先輩や仲良くしてくれた同期や後輩がブラックから解放されるのは普通に嬉しい。

 

今回はその辞めていく社員達について書き込んで行こうかと!

隣の部署先輩が退職(激ヤバ)

こないだ仕事終わりに吉野家で夕飯済ませて帰ろうとしたんですよ。

 

そしたら前職の入社1年目の、俺のいた部署の隣の部署に配属された後輩くんと遭遇しました。

 

俺は今年の4月半ばに有休消化タイムに入ったし、新入社員たちは気持ちの悪い新入社員研修で4/1から1週間くらい研修施設に閉じ込められるから、顔を合わせていた期間は1週間もないくらい。

俺は正直彼の名前を忘れていたし顔もちょっと怪しかった、向こうもよく覚えてくれていたもんだと思う。まあ退職前は色々と好き放題やってたし、印象には残ったのかも。

 

で、そんな彼から面白いやばい話を聞きました。

 

 

後輩「うちの部署の6年目のIさんが辞めちゃうんですよ…今月末で」

 

俺「マジでー!?あの人抜けたら相当キツくない?」

 

後輩「間違いなく仕事はスムーズに進まなくなりますね…」

 

 

その後輩くんの部署の先輩Iさん…分かりにくいんで以下石坂さんと呼びますが、彼は仕事で使う機材の管理を任されています。

 

他部署の人間がある機材を使いたい時は石坂さんと、その上司のどちらかに話をつけてから借りると言うルールがありました。

 

石坂さんは20代後半の温厚な人で話しかけやすく、機材を借りる時はみんな彼に話しかけます。

 

一方で石坂さんの上司(以下、大森さん)は普段はろくに仕事もせず、部下を大声で怒鳴り散らし、趣味はパワハラと新人いびりというマジでロクでもないオッサンです。

 

彼も機材の管理を任されており、それがまた異常に厳しく、養生テープを借りたいと言われた時に「じゃあお前使った分はお前の部署で買って領収書付きで返せ」とキレてくるような人。

 

まあ消耗品を借りるってのはそういうことでもあるし分からなくはないけど怒鳴るほどのことかいな。

 

あと大森さんは俺の部署から後日化学薬品を金も出さずにパクっていくという辞書に例として載せたいレベルのダブルスタンダードっぷりを発揮しました(一応声はかけてきたけど)。

 

 

まあ端的に言うとダメ人間です。

 

石坂さんが抜けるとなると、今後その部署から機材を借りる時はパワハラ大好き大森さんに声をかけるしかなくなり、許可が出るまで怒鳴られゴネられ時間を浪費し、作業効率がガタ落ちするのが目に見えております。これはやべえ。

 

つまり石坂さんが辞めると言うのは彼ひとり分の労働力が無くなるどころの話ではなく、部署全体、いや支社全体の士気に関わることになる。

 

 

だって大森さんがパワハラしちゃうから!

 

 

正直石坂さんみたいな人が辞めることになって、大森さんみたいなのを辞めさせない会社ってマジで未来ないと思うよ。

 

大森さんの下についた人は数年で辞めるって言われてたし、むしろよく6年も持った方だと思う。

 

あまりにも部下が辞めていくからいろんな支社に飛ばされて、もうババみたいな扱いになって最終的に大阪の支社に来た訳だけど、本部の偉いさんはいい加減大森さんを辞めさせることを検討した方が良いよ。

 

高いお金払って雇った新人を次々に辞めさせていく社員ってどう考えても会社的にマイナスだもの。

 

と、大森さんのことばかり書いたけど、石坂さん本人が退職する理由は他にあるらしい。

 

でも仕事は押し付けまくって何かあれば怒鳴り散らすような人間が原因でないとはちょっと思えない。

 

あとクドイようだけど理由はどうあれ石坂さんが辞めると大森さんのパワハラが加速するからどちらにせよヤバイ。

 

 

釣り好き仲間の転職

俺とよくグレ釣りに出掛けた他支店の同期が、俺が退職した直後にトンズラしました。

 

彼もまあ変わった人ではあるけど、出勤前にヒラメを狙いに行ったのがバレて上司から「釣りよりも仕事優先で考えてくれなきゃ困る」と説教されていたし、不満は色々あったみたい。

 

それが直接の原因とは言い切れないけど、趣味を楽しみづらくなった辺りから転職は考えていたらしい。

 

たかが趣味、ではないからね。社会人にとっての趣味って働く上での生命線だからね。

 

週末釣りに行けると思うから辛い平日も乗り切れるっての、ホントにあるから!!

 

「月28営業日と考えればギリギリ納期には…」みたいなアホな業務工程組んでたらそりゃよほどの暇人か仕事中毒の人でもない限り辞めるわな。

 

社会人になって思う「趣味」の大切さ

 

 

俺のいた部署の女性先輩社員も3人脱落

かつて俺が所属していた部署でも辞めていく(というか抜ける)社員があと3人もいるらしい。やべえ。

 

一人は旦那さんの転勤によるもので、それはまあ仕方ない。

この人もツワリでダウンして休んでいる時に仕事の電話を食らったりお腹を大きくしたまま課長から仕事を押し付けられまくったりと酷い目に遭ってはいたけど、自分から辞めたわけではないらしい。

本人も相当辞めたがってたけどね☆

 

 

もう一人はこれから産休に入るとのことで、この人も辞めるわけではないけど大きな戦力ダウンには違いない。

 

 

後の一人(以下、小田さん)がかなり問題で、数年前から本社への異動願いを出しているのに一向に聞き入れてもらえないので、温厚な彼女もついにブチギレて、東京への異動か退職の2択を提示して揉めている最中とのこと。

 

どうも最近新しい分析機器を購入したらしいんだけど、それを使えるのがこの小田さんと、以前言っていたエース級上司の2人だけ。シャレにならん。

 

その上司も「辞めてほしくないなら土下座して給料上げますって言えばいいのにwwww」と言っていたけど、ホントにね。

 

まあそれで給料上がるんなら初めからマトモな給料出せって話だけどね!

新しく入った新人の女の子も辞めたがってるみたいだし、いよいよヤバイなこの部署。

 

 

ちなみに…

上記の、お世話になった上司に「これ、俺が辞めたのがきっかけでみんな辞めてますかね?」と聞くと「間違いなく起爆剤にはなったと思うけど責任感じなくて良いよ」とのこと。

 

いやいや、責任感じるどころかやめがいを感じているところですよ。

 

俺一人辞めた程度では会社はほぼノーダメだと思ったけど、俺があまりに唐突に転職キメたから、なんとなくみんなの心の中で転職のハードルが下がったみたい。

 

我ながらロクでもない人間だとは思うけど、ブラックな会社から人が辞めていく話ほどテンション上がる話もない。

 

来年3人新人を入れることになったらしいけど、ぜひ元同期達を仲介にして彼らと飲み会でもやりたいもんです。

 

会社の外と中を知る重要参考人として、色々とアドバイス出来そうだもんな。

 

 

ではっ!



コメント

タイトルとURLをコピーしました