果たして20代後半とは「若い」と言えるのか

スポンサーリンク

どうもこんにちは、難しい年頃のおきたです。

 

 

先日「若いから大丈夫」って仕事を押し付ける奴からは逃げるべきだ!という記事を読みました。

コレには俺も全面的に同意で、俺も確かに前職で若手だからって重いもの持たされたりキツイ現場に行かされたりしたなーと思ったんですが、これについては当時からちょっと疑問に思っていたことがありまして。

 

前職には26〜28歳の頃に在職していたのですが、言うほど若いか俺?って内心思っていました。

 

そりゃ上司からすりゃ10〜20歳くらい年下だし彼らからすりゃ十分若い方なんだろうけど、体力オバケの高校時代から考えると10歳も歳食ってるし、今はそのパワフルさは皆無である。

間違いなく高校の、下手すりゃ中学の俺と今の俺がタイマン張ったら多分負ける。それくらい、当時から体力の衰えを感じておりました。

 

体力面だけじゃなくて、そもそも大学生くらいの人達と話しが合うのかってところもアヤシイ気がする。

 

 

前職にいた時、課長から会社説明会に参加して欲しいと頼まれたことがありまして。

理由としては「年齢的にもこの中では一番若いし学生さん達も話しやすいでしょ」と言うもの。

確かに人の心をどこかに置き忘れてきた前職課長と比べりゃ俺の方が学生さんの気持ちも少しは分かるかも知れん。

 

でも就活生って22歳とか24歳くらいじゃん??

 

俺には6つ下の弟がいるけどかなりのジェネレーションギャップを感じるし、学生さんからすれば6歳年上の、それも学生から見た会社員ともなると相当やりにくいのではなかろうか。

少なくとも俺はそれくらいの年の差の相手には自分はオッサンとして接することにしているよ!

 

多分、その辺の自覚のない人がTwitterの釣りガールのDMに上裸の画像送ったりナンパしたりしちゃうんじゃないかな!!

 

ちなみにその会社説明会は転職先の面接の予定とモロ被りしてしまったので断りました(勿論理由は伏せて)。

しかも今の職場の面接だしな。断って大正解である。

まあ敢えて参加して会社の実態を嘘偽りなく話すのもやってみたかったけどね!どうせ1ヶ月後には退職してるわけだし。

 

今の職場にも冬から新たに後輩が入ってくるらしく、そこそこ俺と年が離れているから、上司から「若い子同士、気軽に話聞いてあげてよ」と言われてもあんまり同世代のノリでガツガツ絡んでいくつもりはない。

40代くらいの人でも自分のことを「若手」のつもりで新人達に絡んでいって引かれてしまうケースをちょくちょく見かけるので気をつけていきたいな、と思うのでした。

まあ、そういうのを全然気にしないくらいフランクな若手もたまにいるけどね!

俺は仕事が絡むと上の人には警戒心を緩められないタイプなので、自分は気をつけなきゃと思うクチです。

 

とはいえTwitterで気軽な会話するくらいなら年齢とか気にしたことないですね。俺の倍の年齢の方もいれば、俺より10歳以上お若い方も居て、それでも仲良くしてもらえるのはありがたい限り。

 

あと共通の趣味の話ならいくらでもウェルカム!若かろうが年上だろうが打ち解けられる自信があるよ!

 

ちなみに俺は現時点で29歳。

オッサンを自称するのは平気でも他人にオッサンと言われるとなかなか傷つく難しいお年頃である。

 

釣り場でサビキ釣りに来ているご家族の小さなお子さんとかには五分五分で「お兄さん」と呼んでもらえています。五分五分で。

 

なんか知らんけど30歳という節目をちょっと楽しみにしている自分もいるけどね!

 

ちなみにしょうもない下ネタで笑ってしまう程度には、精神年齢は小学生のままです

 

おわりっ!

雑記
スポンサーリンク
おきたをフォローする
スポンサーリンク
おきたさんは今日も堤防

コメント

  1. リンネ より:

    だって戸田恵梨香とか若く見えないし。

タイトルとURLをコピーしました