「運動部」と「体育会系」は繋がらないという話

雑記
スポンサーリンク

どうもこんにちは、元運動部のおきたです。

 

 

俺は前職で働いていた時、上の人達から「体育会系」だと思われがちなところがありました。

水泳を9年間続けており、中学・高校では部長を務めたこともあるから、そういう感想を持たれがちなのかも。

 

前職にいた頃も、

 

偉いさん「おきた君はどんなスポーツやってたの?」

俺「水泳を9年やってました。あと時々今でもジムに行きますね」

偉「なるほどなるほど、なら体育会系ってわけだね。」

 

 

というやり取りを何度かした事があり、面接でも体育会系の人間を欲しがっているような雰囲気はなんとなく漂っていたように思います。

 

(参考)

ヤバイ会社は面接の時からヤバイという話

 

いやいや勘弁して下さいよ。

俺はハッキリ言って世間一般でいう「体育会系」とは対極をなす人間だと思ってるよ!むしろ若干陰キャ寄りなくらいだよ!!

 

確かに水泳という激しいスポーツを長いこと続けていたし、そういうキツイ運動部の部長をやっていたとあればそう思われそうなのは仕方がないけど流石に運動部=体育会系って考えは短絡的だと思うんだ。

 

というか、体育会系の人間だと上から思われるとロクな事がないので、こういう会話した時は「帰宅部でした」とでも言っとけば良かったと思う。

 

今回はこの体育会系という表現について昔から思っていることを書いていこうと思います。

激しい運動部だったからこそ休息の大切さが分かる

俺は中学・高校とそれはそれはハードな水泳部をやっていました。

 

朝練+放課後の部活+スイミングで、一日で計8kmくらい泳いでいました。勝つために必死だったからね。

 

そんで俺は一度練習のしすぎで腕の筋を痛めた事があります。

 

医者からは大会直前まで安静にするよう言われたものの、いきなり練習ゼロの状態が続くのはマジで不安なのでみんなに嘘をついて気合いと根性で練習に参加していました。

結果としてリレーでみんなに迷惑をかけることに。

 

個人の種目も散々なタイムで、根性が裏目に出た好例みたいになってしまう苦い思い出があるです。

もうね、こういう嫌な経験があるからなによりも休息が大事ということを運動部の経験から学んだと言える。

 

 

職場で体育会系だと思われるとロクな事がないよ!

上記のように俺はキツイ運動部をずっと続けていたので「気合いと根性の塊」だの「きっと長々と残業していても平気だろう」とか上から思われていたのですが、逆だからね!

 

最高のパフォーマンスを発揮するにはしっかりと休息を取らなきゃならないというのを身をもって知ってるんだよこっちは!!

 

20連勤だの80時間労働だの、無茶苦茶な働き方を強制されても常に作業効率が落ちない人間とかいないから!体育会系とか関係ないから!!

 

だからその、年配の社員特有の「運動部出身→根性のある体育会系→上下関係に従順で気合いで何でも言うことを聞く」みたいな思考回路、やめような!!

 

 

 

よく言われる体育会系って「脳筋」じゃない?

常々思うんですが、無茶な働き方も文句言わずに引き受けて気合いで乗り切ろうとするのって体育会系というより脳筋って言うんじゃないかなって。

 

「体育会系」って言葉自体がもうパワハラ気質だの「ガンガンいこうぜ」だのといった意味を含んでいるように感じますが、やっぱりなんか違和感がある。

 

俺も言っちゃえば体育会系の運動部だったけど、別に後輩に無理難題を強いたりしなかったし、怪我を隠して練習していたことは先生や先輩からバチクソ怒られた。

 

部活で例えれば世間一般で言う体育会系って、何も考えずにキツイメニューをこなせば強くなれると思ってる奴とか、とりあえず根性でなんでも乗り切れる奴とか、そういうのを後輩に(自分もよくわかってないのに)強いる奴なんだろうけど、やっぱそういうのってただの脳筋とちゃうやろか。

 

こう、理屈付けて強くなるための練習を考えたり、より良いパフォーマンスを発揮するための作戦を立てたり、怪我だけは絶対にしないように休息を大事にするスポーツマンのがやっぱ強いわけで、そういうのが正しい意味での体育会系じゃないのって。

 

筋トレで言えば毎日2000回腕立てしてムキムキになろうとしてるのが脳筋で、休息や食事にも気を使って効率よくトレーニングするのが体育会系っぽいイメージ。

 

うん、まあコレは俺が勝手にそう思ってるだけなんだけどね!

 

ちなみに言うまでもないけど上司が脳筋だとマジで最悪だから逃げた方が良いよ!

 

膝の手術を終えて退院直後に重い荷物を持たされたりアホほど残業させられたりするからね!「考える」と言うことをしないのだ。

 

 

ちなみに今の職場の課長は俺が怪我をした時に「治すのが先決だから休め。てか無理して再発とかしたら許さんから」と言ってくれるのでありがたい。

 

この人の方が見た目も喋り方もエネルギッシュで世間一般でいう「体育会系」って感じがするけど、ほんとよくわきまえてる人だと思います。

っと、やばい。なんか思いついたことをダラダラ書いてたら着地点が見えなくなってきた。自分でも何が言いたいのかよく分からなくなってきたぞ。

 

とにかく運動部出身だからってなんでも無茶を聞くってわけじゃないぞって話でした!

 

あと俺は他人に強要しなければ自分自身が脳筋だろうが根性論者だろうが体育会系なのは全然構わんと思います。

釣りに関しては脳筋じみたブッコミ釣りとかよくやるし、ヤケクソでメタルジグを思い切りぶっ飛ばすのも大好き。

 

何にしてもストイックなのを他人に強いてはいけないよね。これは俺の好きな火ノ丸相撲って漫画の受け売りだけどね!

この漫画は王道の根性系ジャンプ漫画に見えてとてもグッとくることが書かれていたりして、共感できる点が多いです。

 

ストーリーとしても本当に面白いので是非!

ではではっ!

雑記
スポンサーリンク
おきたをフォローする
スポンサーリンク
おきたさんは今日も堤防

コメント

タイトルとURLをコピーしました