転職活動をしていて「ここはやめとこう」と感じた企業の特徴あれこれ

仕事・転職
スポンサーリンク

どうもこんにちは、ブラック企業はもう懲り懲りなおきたです。

 

 

俺は今年の2月ごろから本格的に転職活動を始め、3月上旬に内定をゲットしました。

社内の誰にも悟られることなく転職活動するのはかなり大変でした。

 

(後から思えば前職の課長は他人を見なさすぎるのでバレずにやること自体簡単だったかも。口頭で伝えて初めて知った風でした)

 

面接のための有休もそんなバンバン取りまくるわけにもいかないし、慎重に見極めていかなければなりません。しかも俺の場合はモロ繁忙期の真っ最中だったし。

限られた期間の中で理想の職場に入社するにはこちらからもヤバそうな会社は切っていく必要があります。

 

今回は転職活動をしていてこれはダメそうだなと思った企業の特徴を述べていきたいと思います。

クチコミサイトで前職より評価が低いところ

面接や企業のHPだけでは企業はなんとでも書けるので、そこの従業員や元社員の声も拾う必要があります。

 

俺がよく使っていたのは転職会議カイシャの評判

 

転職会議

 

カイシャの評判

 

 

どちらも従業員の率直な感想が書かれているので企業HPよりよほど参考になります。

 

少なくとも前職より点数が低い会社は眼中にない。

 

まあ、あまり人数が少ない職場だと誰が書いたか特定されちゃう可能性があるから不自然に持ち上げるような書き方だと信じ切らない方が良いかも。

 

あと前者の場合は転職した人が書き込むケースが多いから、すごい罵詈雑言が書き込まれてることもある。ちょっと誇張してね?と思わなくもない書き込みもあるけど、それほど怨みを買う企業なら警戒すべきかも。

 

もちろん悪評としての書き込みも「それなら俺としてはむしろ好都合だな」と思えたり逆に高評価でも「そういうのは求めてないんだよな…」って書き込みもあるので鵜呑みにはせず、あくまで判断材料の一つとして使おう。

 

 

ちなみにリクナビとかの「先輩社員の声」なんかは全っ然アテにならないから読まなくていいよ!!!!!転職というより学生向きの就活サイトに掲載されるやつですね。

 

この手の書き込みは、職場の偉いさん達から良いことのみ書き込むように念を押されており、都合の悪い書き込みには検閲が入るので全く参考になりません。

 

俺は「確かに残業時間は長いですが」の一文を削除するよう言われ、仕方なしに書き換えて提出したら結局俺の書き込みは不採用になったので時間返せ感が半端なかったよ☆

 

 

 

同業他社はまず無理

ビビることに俺の前職は同業種の中ではかなりの高待遇だったらしく、同じ職種の人達からは羨ましがられるレベルだったらしい。

 

あの会社で高待遇ってことは、同業種に転職するとほぼ確実によりブラックなところに行くことに。あれよりブラックってどんなだよ。ブラックホールなの?光すら吸い込んじゃうの?

 

異業種に行くと給料が下がるという話もあるけど、もともと俺の業界は残業しなかったら年収200万円くらい下がったし、そもそもが高くないのであまりその辺は気にしなかった。

 

というか悩む理由が給料なら一層転職した方がいい。その会社で頑張るよりよほど確実に給料上がるよ。

 

 

 

残業時間が長すぎるところ

俺が転職した最大の原因が残業時間なのでこれは当然である。

 

ここは上記のサイトや転職サイト等である程度確認出来たりする。

 

ちなみに俺の前職は転職サイトに平均残業時間30時間と言い切って掲載していました。どこの部署の話よそれ。教えろコノヤロウ。

 

あ、そうだ前職は5等級以上は残業代がつかないから彼らが残業時間を申告していないからかも知れない。なるほどなー…ってバカタレ!!

 

平均30時間と明記した前職でさえ実質100時間超えてる社員は少なくなかったです。実質100時間というのは表記上は79.9時間という闇しか感じない数字として計上されているからです。

 

 

残念ながら「残業時間ほぼゼロ!」と謳っている会社はなかなか見つからなかったので平均20時間以下と言われている企業を中心に探しました。

 

もちろん根気よく探せば本当に残業時間ほぼゼロの会社はあるかも知れません。

 

 

 

圧迫面接してくるところ

これはもう説明不要ですね。こちらから願い下げである。

 

圧迫面接が有効と考えている社風はもちろん、間違って入社したらソイツが上司になる可能性があるんだから絶対に切るべきである。

 

 

 

顧客に対して過剰なサービスを提供しようとしているところ

お客さんに対して過剰なサービスを提供するってことはその分従業員が負担を強いられることに他ならないのでこれも要注意。

 

とある技術派遣会社では頼まれた仕事だけでなく、プラスαを顧客に提供するといった企業理念を掲げており、あ、これ絶対無理だと痛感。

 

案の定その会社、面接の段階でお客さんへのサービスの話ばかりしてるし。社員の待遇の話をもっとしてくれ。それだけじゃ、知りたいのは。

 

あと自己啓発に取り組むのを強く勧めてる会社もかなり怪しいから応募する前に切りました。

とりあえずこんな感じです。

 

また後日加筆したり続きをあげたりするかも知れません。

 

しかし最近は釣りブログというより転職ブログとして読まれている節が強い気がしてきた。完全に俺のせいなんだけど、最近釣りに行けてないしなぁ。

できれば週4くらいで行きたいもんだけどなかなか厳しい。これからはどんどん釣づらくなるし、すきあらば狙いに行きたいものである。

 

 

 

ではではっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました