釣ってきたメジナとサンノジを調理してみたよ!

色々試してみた
スポンサーリンク

どうもこんにちは、シンプルな調理法が好きなおきたです。

 

前回の釣行 で俺はグレ(メジナ)とサンノジ(ニザダイ)を釣り、持ち帰りました。

 

あ、あとベラも釣ったな。

ベラとグレはともかく、サンノジは初めて食べる魚なのでちょっとドキドキである。

 

釣行日の翌日にこれらの魚は夕食にしましたんで、今回はその時のお話です。

サンノジはやや不人気な魚らしい

件の磯釣りの時にサンノジを釣り上げた際、ぷりんさんに聞きました。

 

 

俺「これ美味いんスかね?」

 

ぷりん氏「食えるよ

 

 

釣り人の言う「食えるよ」は「美味しくいただける」「まずいけど食っても害はない」のどちらかである。

 

この場合はどっちだ…?

 

 

ぷりん氏「食べるなら2日以内がいいね。3日目になると突然アンモニア臭くなる」

 

俺「突然

 

ぷりん氏「うん突然。調味料に浸けてフライにしても臭かった」

 

 

なるほど後者のタイプか。一癖も二癖もあるやつらしい。

 

それを聞いて俺は速攻でサンノジの血抜きとワタの処理を施しました。アイゴと同じでおそらく仕事長時間放っておくと臭くなるタイプの魚だろうと判断。

 

アイゴと言えばぷりんさんはこの日も2回くらい釣り上げていました。「いる?」と聞かれたけど今回は遠慮しました。

 

それを見たAtusiさんから「え、なんでも食べちゃうおきたさんが…?」と意外そうな反応をしていました。俺は犬か

 

 

帰宅次第魚達を捌く

解散後、無事に家に帰宅しました。

 

俺「ただいまー」

 

嫁「おうお帰り。なんか釣れた?」

 

俺「刺身にすると美味いやつと、塩焼きか天ぷらにすると美味いやつと、あんまり美味くないらしいやつ持ってきたよ」

 

嫁「なんでそんなモン持って来てんだよ

 

 

全く同感である。

 

ぷりんさん曰く、「刺身なら2日以内に酢味噌で食べると良いけどブログのネタにするなら是非ともクッセー状態にして色々試してほしい」とのこと。

 

確かにそれもネタとしてとても面白そうだけど、何が悲しくてわざわざ新鮮な魚を臭くなるまで待たなきゃならんのかと冷静になってしまったので速攻捌くのを決意。

 

アンモニア臭いサンノジは次回釣った時に試そう。それもなんか変な話だけど。

 

 

サンノジはウロコはないけど丈夫な皮膚に覆われていて地味に包丁が通りづらい。場所によってはハサミの方がやりやすいかも。

 

ただカワハギのように手で皮を引くことは出来ないけど、その皮の頑丈さもあり、包丁での皮引きはかなり楽で、比較的容易に三枚に下ろせました。

 

美味そうじゃない?

 

いかにも磯の魚という感じの切り身。この時点ではそれなりの期待をしてしまう。

 

捌いているときはチョット変な臭いは感じたものの、血合いを取り、腹骨を削ぎ落とし、写真の状態にしてしまえばそれも無くなりました。

 

ええやん。美味しそうやんサンノジ。

 

この時グレも同様に三枚に、ベラは開きにしました。しかしグレはサンノジと比べて随分肉厚で食べ応えがありそうだ。

 

 

サンノジの刺身はよく言えば優しい味

サンノジの刺身は酢味噌で食べると良いらしい。なんだか刺身コンニャクみたいですね。よほどクセが強いのか、よほど味が薄いのか。

 

とりあえず半身だけ刺身にしてみました。

 

左がグレ、右がサンノジ。グレの刺身は絶品とは言え流石に切り過ぎてしまった。

 

というかもう少し映えを意識した方が良いな。

「おきた君ってO型?」「はい」「やっぱり!」というやり取りをこれまで腐る程繰り返してきたしな。

 

 

ともあれ、釣ってきた魚は全て調理完了!酢味噌も用意したし、ベラも塩焼きにしたし。

 

ベラはちょっとミスった

 

ベラは美味いんだけど火を通しすぎた感がある。塩も振りすぎたけど酒の肴としてはむしろ丁度良かったり。

 

 

肝心のサンノジはというと、まあ変な臭いはすることもなく、酢味噌と確かに合うし、まあまあイケる。

 

ただやっぱグレの刺身と比べると脂っ気が無くて何というか、

 

嫁「味しないなこの魚

 

 

そうっすね…。

 

ちなみにもう半身はスモークしてみました。

これも悪くはないんだけど、やっぱりもう一つと言ったところ。もっと水気を抜いて味を濃縮した方が良かったというのもあるかも。

 

あるいはフライか煮付けにすればもっとこの柔らかさを活かせたかもしれない。

 

というか燻製にするならグレの方が向いてたんじゃなかろうか。次釣ったら試してみようかね。

 

 

グレは刺身とお茶漬けに

一方グレの刺身は非常に美味しいのですが、2人で食うにはいかんせん多すぎた。1匹からこれだけ取れるのは嬉しいことだけど。

 

なので半分は残して、わさび醤油に漬けることにしました。

 

 

 

これを翌日ご飯に乗せて

 

 

塩昆布をかけてお茶漬けに。

 

あ”ー美味い。寒い時期には染みるシンプルな調理法…というか調理と言えるか謎だけど、ウチの弟が一番好きなグレの食べ方で、一昨年教えてもらいました。

 

これはチヌやキビレでやってももちろん美味しいね。カサゴでも良さそうだけど、お湯やお茶よりアラで出汁をとったスープを掛けると更に美味いかもしれないね。

 

釣った魚をお茶漬けにするってのはなんだか勿体なく感じられそうだけど、案外可能性のある食べ方だと思っております。

 

 

それではっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました