他人の釣りスタイルにケチをつけちゃダメだよねって話

持論的な
スポンサーリンク

どうもこんにちは、不真面目釣り師のおきたです。

 

 

職場の釣り好きな先輩とチヌの釣り方について会話をしていたのですが、

 

 

先輩「おきた君ってチヌはどうやって釣るの?」

 

俺「狙うときはフカセかダンゴ釣りですかね…ブッコミで釣れることもありますけど」

 

先輩「なるほど餌釣り派なのね。チニングとかは?」

 

俺「ほぼ無いっすね…面白そうとは思うんですが」

 

 

その先輩は専らチヌはルアーで狙うらしい。俺とはまた違うスタイルである。

 

チヌはいろんな釣り方があるからね。それもまた魅力の一つですね。

 

 

この先輩はフカセはやったことないけど、ウキがグングン海へ潜っていく様子はかなり熱いし面白そうだと言ってくれました。

 

なるほど、この先輩は出来た人やな。

 

いやまあ、出来た人というか普通のことではあるんだけど、たまにいるんですよ。他人の釣り方にやたらと文句つけてくる人。文句というか、小馬鹿にするような人かな。

 

ツイッターの釣り界隈でもしばしばそういう小競り合いは見られ、ワームで釣るのはセコイだのこういう釣り方は邪道だの。

 

先輩曰く、一部の過激なルアーマンはエサ釣り師を見下す傾向にあり、一部の過激なエサ釣り師は「最期くらい魚に美味しい思いをさせてやろうぜ」とルアーを非難するとかなんとか。

 

なんかサイコパスっぽい思考だな

 

そういうやり取りを見かけるたびに俺の脳内に住んでる千鳥ノブが「趣味じゃ〜〜!好きに釣ったらええんじゃ〜〜!違う釣りしたら村焼かれるんか〜〜!!」と叫ぶのである。

 

 

ちなみにルアーマンの中でも「本物そっくりのルアーや、巻くだけで魚っぽい動きをするルアーはつまらん。自分の腕で魚を騙してこそ」という考えの人も居るらしい。

 

要はルアー界隈にもオートマ派とミッション派がいるということらしい。

 

まあその、釣り方の好き嫌いがあるのは趣味である以上仕方がないというか当然だと思ってるんだけど、それを他人に押し付けちゃダメなんだよね。

 

サビキでアジ釣ってる人を「サビキとかダッセwwwwアジング一択っしょwwww」なんて煽ったら多分その人アンチアジング過激派に変身するね!

 

それより「サビキも数が釣れるから楽しいですよね!ちなみにアジングも引きを楽しめて大きな個体も狙えて楽しいですよ!」的な言い回しの方が興味持ってくれるやん!北風と太陽の法則ですよ!

 

 

 

ちなみに俺は「バカめ!釣れればいいんだ何使おうが!」というジャギ様タイプの釣り人です。

 

人の釣り方を気にする人たちが見たら発狂しかねない釣り方ばかりしているぞ。

 

以下、一例をば

サバ皮ワーム

自作アナゴ仕掛け

隙間でカサゴ

欲張りエギング

ひもQアジング

半額イワシまるごとブッコミ

明太ワーム

なんでしょうねコレ

 

うむ、なんか一気にタイトルの説得力が消し飛んだ気がするけどまあいいか。

 

工夫というより悪ふざけの域である。でも俺も当時は至って真剣に釣れると思ってやってたし、実際に釣れたのもそこそこある

正攻法が必ずしも一番釣れるとは限らないからね!正解がないからこそ釣りは面白いのである。

 

こういう風にあれこれ試すのが大好きなので、今後も何かしら思いついたら試していきたいと思うよ!

 

 

つーか寒くて全然釣れないからなりふり構っていられねーのだ!!

ではではっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました