ウキ回収用パラソルを自作してみたい

色々試してみた
スポンサーリンク

どうもこんにちは、フカセ熱が再発してるおきたです。

 

 

こないだのフカセ釣り以来、フカセ欲がこの頃爆発しております。

 

もっとも近所にはあんな磯はなく、メジナのいるポイント自体ほぼ聞いたことがないので、年内に行けるとすれば近所の堤防でチヌ(クロダイ)釣りかな。

 

メジナの代用とか妥協とかそういう意味ではなく、チヌも勿論引きは強いし美味しいしカッコいいので大好きですw

 

 

さて、そんなフカセ釣りなんですが、重要なのはやはりウキ。これがなきゃ始まりません。

 

でも俺は下手くそなので何度も糸を切ってはウキを流されてしまうことがしばしば。

 

フカセ用のウキって結構高いからね。流石に回収できるものは回収したい。

今まではタモで手前に留まってるウキは上手いことすくい上げていたけれど、やりにくくて仕方がない。タモの網目って結構でかいからウキが通り抜けてしまうのだ。

 

しかしそこは釣り人の心理を熟知した釣具メーカー。そういう、ウキ回収用のグッズが既に世の中には溢れているのだ。

 

↑それがこちら

 

使い方は至ってシンプルで、釣り糸にくくって流されるウキめがけてぶん投げて、上手いことキャッチすれば良い。

 

俺もコレは持っていたんだけど、静岡から大阪に引っ越して以来フカセはあまりやらなくなったし、実家の親父がフカセをやり始めたのでプレゼントしてしまった。

 

やっぱりフカセをやる上では必須アイテムだし、手元にあって損はない。近所の釣具屋においてないか確認しに行きました。

 

 

 

 

 

 

無いやん

 

うーーーーむ、マジか。仕事帰りに買っていこうと思ったんだが。今週末とかフカセ行く気満々だったし、コレは参った。

 

 

んじゃ作るか

 

 

 

用意したもの

針金

ペットボトル

 

以上!
 
 

作り方

作ったことは一度もないけど、多分そんなに難しく考えるほどでもない

 

ほどほどに飛距離を稼げて、ほどほどに水に浮いて、ウキをキャッチできる作りになっていればそれでOKのハズ。

 

とりあえず手さぐりで作ってみよう。

 

まず500mLペットボトルの炭酸水を買ってきます。

 

焼酎で割って飲み干します。

 

上の部分だけ切り取り、適当に穴を開けます。

 

下手クソか

 

 

ペットボトルの蓋に穴を開け、針金を通し両端を適当に丸めて出来上がり!

 

 

いや雑か。なんというか、今までで一番手応えのない工作だな…。でもこんなナリでも上手いこと使えば回収できるんじゃなかろうか。

 

 

とは言えこのままだと直径が小さすぎてウキをキャッチするのに苦労しそうではある。使ってみないと分からんけどね。

 

というか使う機会が来ないのが一番なんだけどね。風呂場で試した感じは大丈夫そうだったけど!

 

とりあえず明日、堤防でフカセをやるつもりなんでもしウキがグッバイしてしまった場合は使ってみて、その件について記事をあげようと思います。

 

勿論グッバイしなかったらそんな記事上げないけどな!ブログネタのためにウキを海めがけてそのままブン投げて回収テストをするなんて狂気の沙汰である。

 

とりあえず明日に備えて今日はもう寝ますw

 

ではっ!

※追記

おう、勘弁してくれよ、軽々と超えられてしまった。どう見てもこっちの方が良いな!

冷静に考えて、わざわざ適当に穴をあけるよりも普通に切って開くようにした方がよっぽど実用的である。

製作過程で酒飲んでたとはいえどうも脳ミソが死んでいたらしい。我ながらアホなことをしたものである。

というわけで早速作り直してみた。明日はこれを使おうかね。

だから使わないに越したことはないんだって!

ではっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました