2019年のメモリアルフィッシュを振り返る

釣行記
スポンサーリンク

どうもこんにちは、1年って短いですね。おきたです。

 

 

釣り納めはいつにしようかな、と思いつつも天候やら仕事やら他の予定やらでなかなか釣りに出掛けられず、結局12/14のフカセ釣りが2019年のラスト釣行となりしました。

 

この記事を書いている現在はまだギリギリ年内だけど、どうあがいても無理w

 

次の釣りは年明けですね。令和2年ファーストフィッシュに期待です笑

 

というわけで今年釣り上げた、印象深かった魚達を挙げていきたいと思います。

チヌ及びなぜかフカセで釣れたカレイ

2019年はフカセ釣りはあまりしておらず、1月ごろに1回だけ行ってボウズを喰らい、2回目は和歌山での沖磯(後述)、3回目は下記リンク先の12月半ばに行ったやつ。

 

チヌを狙うときはいつもダンゴを4〜6個ほど目の前に放り込んでおき、そのうちに仕掛けを準備して…と言った流れ。

 

なかなか本命が釣れずにアジを釣ってお茶を濁し、気が済んでから再びチヌを…と集中力もクソもない釣り方をしていたのですが、一応良型のチヌが来てくれました。

 

周りの人達がサビキをやっている中でこれくらいのチヌを釣ると周りからヒーローみたいな扱いをされるのが楽しいですね。非常にスリリングなファイトでした。

 

続けてまさかのカレイまでやって来る始末。

良型のおチヌ様を1枚釣っただけでもウキウキだったんですが、これは嬉しいサプライズ。

 

カレイはイソメを3匹くらいつけた針を遠投して釣るモノだと思っていたのでフカセのオキアミに反応するとは思ってもみなかったので仰天しました。

 

カレイを釣ったのは初めてではなく、3cmくらいの奴をメタルジグで引っ掛けたことはありますが、こんな立派なやつをガッチリ食わせて釣り上げたのは初めてでした。

 

アジ、チヌ、カレイとこの日はかなり豪勢な釣果となりました。釣り納めとしてはバッチリではなかろうか。

 

詳細はこちら

自作のアナゴ仕掛けで釣った色々な魚達

オモリ代わりにサビキカゴ使って色々詰めてブッコめばアナゴ釣れんじゃね?」という雑な発想から生まれた狂気のブッコミシリーズ。

 

思いついたのは今年の春ですね。釣れなさすぎて色々考えた結果である。この辺から方向性が狂い始めた。

 

こちらがその仕掛け

 

雑な考えとはいえ自分としてはなかなかナイスアイデアだと思ったし、今のところ割と使い勝手は良いですし居食いしがちなアナゴの当たりも取れる優れものである。

 

とはいえ最初に釣れたのはタケノコメバル(しかも子持ち)で、アナゴよりもむしろ根魚の方が好反応でした。それはそれで嬉しいけどね!

 

詳細はこちら

ちなみにちゃんとアナゴも釣れております。むしろ秋ごろはアナゴの方が好反応でカサゴはイマイチだったような。その辺の違いはよく分かりません。

 

アナゴの煮付けと天ぷらを乗っけた超贅沢なアナゴ丼を作ったり。

 

スーパーで半額になったサンマやサバがアナゴに変わるのでまさに現代の錬金術である。

 

詳細はこちら

 

 

アナゴ仕掛けで釣れたイシモチ

上記のアナゴ仕掛けは基本的に堤防から真下に落とし込むんですが、思い切り遠投したらどうなるんだろという好奇心から釣れたイシモチさん。

カゴにはサンマのミンチを、サシエにはキビナゴを付けていました。

 

しかし俺はことごとく正攻法で釣らねえな

 

詳細はこちら

 

 

 

初めて釣れたカワハギ

ブラック企業disに定評のあるAtusiさんとは何度かカワハギ釣りに行っているのですが、釣れたのは今年が初めて。

 

釣れたと言っても落とし込みしてドンピシャで合わせた訳ではなく適当に放り込んでいたハゼ針になんか食いついてたというもの。

 

ぶっちゃけ小さいけど一応釣れたという実績は作れたのでヨシ!

 

このもう一度カワハギが掛かってきて、ギリギリでバレてしまったけど意外とハゼ針には可能性があるのでは?と思ったり。

カワハギは捌きやすくて美味しいし、人に食われるために神様が設計したとしか思えない魚ですね。

 

詳細はこちら

邪道アジングで釣れたカサゴ

我が家のロッドの中でそれまで唯一釣果を得られていなかったアジングロッドに入魂するためにしでかしたクソ邪道サバ皮ワーム

気持ちとしては完全にジャギ

 

「バカめ!釣れればいいんだ!何使おうが!」が俺のモットーなのでこれも立派な釣果である。

 

これやるくらいならブラクリで良いじゃんって言われると間違いない

 

軽い軽いアジングロッドだとカサゴのワイルドな引きを全力で楽しめるのでとても良かったです(小学生並みの感想)

 

詳細はこちら

 

令和元年唯一のグレ

やっぱり俺の一番好きな釣りはフカセ釣りだな、と再確認。あのウキがグンと沈んでいく瞬間が堪らないのだ。

 

和歌山へフォロワーさん2名と行った沖磯での釣果です。

グレそのものは序盤に1匹釣れただけだけど、約2年ぶりにグレに出会えて幸せでした。

サンノジとかいう変わり種も居たけど、やっぱグレの方が美味いしカッコいいな。

近場にこういうのが釣れるポイントがあればと思う次第です笑

 

詳細はこちら

以上です(゚∀゚)

多分だけど2018年よりは打率が上がってるように思う。特にアナゴ釣り。あの仕掛けを作ってからはボウズはほぼなくなったし笑

というか今年は全体的にアナゴ釣りばかりやってんな。ルアーも多少はやってたんだけどジギングサビキをつけてなんとかサバが釣れたという程度。

ルアーでもっと釣果をあげたいと思うものの、やっぱり一番釣れやすい釣り方を選んでしまうんだよね笑

来年からはルアーやフカセ釣りもちょいちょい入れて、色んな釣り方を試して、またさらなる可能性を広げていきたいもんです。

次回の釣行は1月の1週めのどこかで行けたらな、と思っております。

ではではっ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました